アクネ菌 抗生物質

ニキビがなかなか治らないという場合、早めに皮膚科で治療する事がおすすめです。

「たかがニキビくらいで病院に行くなんて・・と、思う方もいるかもしれません。

しかし、ニキビを放置してしまうと症状が悪化するだけでなく、色素沈着やクレーターといった、ニキビ跡ができる恐れがあります。

アクネ菌は抗生物質でケアしよう

ニキビ跡は一生残ってしまう場合もあるので、治らないニキビは早めに皮膚科で治療する事が大切なのです。

皮膚科では色々な治療が行われていますが、健康保険が適用される治療の1つに挙げられるのが「抗生物質」の処方です。

抗菌作用のある内服薬や外用薬で、ニキビを治療していきます。

なぜ、抗生物質がニキビに良いのかというと、ニキビができる原因にその理由があります。

ニキビができる原因は様々ですが、皮脂分泌の多い肌質だとアクネ菌が増殖し、ニキビになりやすい点が特徴です。

アクネ菌は元々、毛穴の中に住み着いている常在菌です。

皮脂をエサとしているので、皮脂が多くなってしまうとエサが豊富となる為、一気に増えてしまいます。

すると、毛穴がダメージを受けニキビができてしまうのです。

皮膚科での治療はアクネ菌を数を減らす為、「抗生物質を処方」するのがポピュラーとなっています。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ