アクネ菌 洗顔

ニキビができやすいという場合、顔の皮脂分泌が多いケースが少なくありません。

実は皮脂が多い肌は、ある常在菌が増えやすくなるのです。

ニキビの原因となるアクネ菌は洗顔でケア

その菌は「アクネ菌」というもので、ニキビを引き起こす要因となります。

この菌は毛穴の中に住み着いている、常在菌の1つです。

常在菌ですので増え過ぎない限り、肌に悪影響を与えるという事はありません。

しかし、増えすぎると毛穴を炎症させニキビを引き起こす、原因となってしまうのです。

アクネ菌は皮脂をエサとしているので、皮脂分泌が過剰だとアクネ菌も増殖し、ニキビができやすい肌になってしまいます。

余分な皮脂を落としアクネ菌の増殖を防ぐには、毎日のスキンケアが必要です。

特に洗顔は丁寧に行いましょう。

顔を洗う事によって、いらない皮脂は落とせ菌の増殖を抑制する効果が期待できます。

しかし、できるだけ皮脂を落とそうとして、ゴシゴシ洗ってしまうのは逆効果です。

力を入れてゴシゴシと洗ってしまうと、毛穴の中に皮脂や汚れが入り込みやすくなり、毛穴を塞ぎやすくなります。

毛穴が塞がれる事も、ニキビの引き金となるので注意しましょう。

洗う際は石鹸などをたっぷりと泡立てて、肌を擦らないよう「優しく洗顔」するのがコツです。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ