アラントイン アレルギー

アラントインとアレルギーの関連について、色々とまとめました。


アラントインとは、牛の羊膜から発見された成分のことをいいます。

英語で牛の羊膜のことをアラントイスと呼ぶことからこの名前が付けられたそうです。


牛の羊膜の他にもコンフリーの葉や根、煙草の種子、さらにはあのかたつむりにも含まれる成分だそうです。また、合成品だと尿から摂取したものもあるようで、色は白色でにおいはしない粉末です。

そんなアラントインには細胞増殖作用、消炎作用があり、ばんそうこう、皮膚潰傷、やけど、おむつかぶれなどにも用いられています。


なお、アラントインによる傷の治癒には、ケロイドの形成がないということ、アレルギーを抑える抗アレルギー作用が働くということがあります。

医療目的では傷薬、目薬、薬用歯磨き粉などに多く使われているようです。


育毛作用もあります。

美容の分野では、収れん効果を用いて、肌荒れ改善、ニキビ、アトピー、アレルギー、ニキビ用化粧品に使用されています。

アレルギーにとても効果があり、傷を治すという働き、細胞増殖効果による肌荒れ防止を行い、再生を促します。


古くなった肌の組織、硬くなった角質を優しく低刺激で取り除くという働きもあり、アンチエイジングだけではなくニキビ肌の人にも治療の時に使われます。

傷の回復を促し、新しい肌の形成の促進以外にも傷痕をどんどんと目立たなくさせる効果があるために、シミや傷にも有効であるとされています。


そのため、ニキビで炎症を起こしてしまった場合、多くは赤ニキビですが、そんなニキビの治療にはかかすことができません。そしてまた、アラントインが配合されているとにきび跡も残りにくいのです。


抗アレルギー作用ということでアレルギーの製品にもよく使用されています。

天然由来なので、副作用がなく、リスクもないので安心して使えるという点からこのようにさまざまなものに用いられているのです。


一つ、アラントインを使う中で注意しておきたいことがあります。

それは、水に溶けにくく沈殿しやすい物質なので、化粧水なので使っている場合、よく振って使わないといけないということです。


実際、私の使っているものにも含まれていたのですが、全然知らずに下に沈殿させたまま使っておりました。これでは効果が出ないので非常にもったいないですね

ということでよく振って使うことが大切です。本当によく含まれている成分なので、みなさんもぜひ後ろの成分表を見てみて入っているかを調べるのが良いかと思われます。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ