オイリー肌 正しい洗顔方法

オイリー肌に悩まされている方はたくさんいらっしゃると思いますが、正しい洗顔方法をご存知ですか?

知らずに洗顔していると悪化してしまうなんて事も、もしかするとあるかも知れません。


では、オイリー肌の方の正しい洗顔とはいったいどのようなものなのでしょう?

ここでは、オイリー肌に優しい、正しい洗顔方法を紹介したいと思います。



ステップ1

まず、顔を洗う前にしっかりと手を洗い、汚れを落としましょう。

顏をぬるま湯で何度か優しく濡らす事で、顔についている見えないホコリやゴミなどを落とす効果があります。



ステップ2

次に、蒸しタオルで顔を3分ほど蒸らしますが、オイリー肌に多いのは毛穴の汚れですので、その毛穴の汚れを取るために蒸して、毛穴が開くようにしていきます。



ステップ3

ここまで出来れば、次に洗顔料を泡立てます。

オイリー肌には、石鹸が一番良いとされているので、自分にあった添加物の少ない石鹸を選ぶようにしましょう。

それを泡立てネットで、しっかりときめが細かくなるまで泡立ててから、少ない水分量で泡立てる事で、きめ細かい泡が作りやすくなります。



ステップ4

泡立てた泡を顔にのせていきます。

皮脂の多いTゾーンから広げるようにのせていき、優しくなでるように洗っていきますが、この時に決してゴシゴシとこすったりしないように注意してください。



ステップ5

顔に付いた泡を洗い落とします。

この時、ぬるま湯でしっかりと洗い流しますが、シャワーではなく、桶に汲んだぬるま湯などで優しくなでるように洗っていきましょう。

目に見えないすすぎ残しなどがあると、オイリー肌の悪化原因にもなるため、肌のぬめりがなくなるくらいまで、しっかりとすすぎます。


しっかりとすすいだら、柔らかい肌触りのよい清潔なタオルで、優しく顔の水分を拭き取りましょう。

この時もけっして強くゴシゴシこすったりなどはせずに優しく拭くことが大切なポイントです。

そのあとはしっかりと保湿をし、清潔に保ちます。


以上が、オイリー肌に良いと言われる、洗顔方法です。


水洗顔を行う事も有効です・・・

また、朝洗顔に関して、冬場などの乾燥に陥りやすい時期は、そこまで皮脂が分泌されていない日は、ぬるま湯だけの水洗顔でも良いでしょう。

元々は、乾燥が原因でなってしまうオイリー肌ですから、このように水洗顔で「肌の潤いを保つ」という事も大切になってきます。

この時も決してゴシゴシと強くこすってはいけません。


いかがでしたでしょうか??

ポイントとしては、とにかくガラス細工を扱うように、優しく丁寧に洗うということが大切になってきます。

肌はとっても繊細な細胞の塊ですので、シャワーでの洗い流しはしないなど、なるべく刺激の少ない方法で洗顔することが大切だという事は、忘れないようにして下さいね。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ