オイリー肌 赤ら顔 化粧水

オイリー肌のことを脂性肌と言うこともあります。

肌の皮脂分泌が活発で赤ら顔になったり、顔全体がべたつく肌になります。

オイリー肌の赤ら顔に効果的な化粧水

過剰な皮脂が出やすいオイリー肌は、肌にあったスキンケアで手入れをすることがポイントです。

過剰な脂分を減らし、たっぷりと水分を与える保湿性の高い化粧水を使用します。

水分と脂分のバランスを整えることで赤ら顔やべたつく肌が改善されます。

オイリー肌になりやすい人は生まれつき皮脂の分泌量が多い人、皮脂の分泌量が増える10代から20代前半の人です。

また生活環境によるストレスや睡眠不足が原因で肌が赤ら顔になる場合もあります。

オイリー肌の肌トラブルには毛穴の開きや毛穴のつまり、ニキビなどがあります。

化粧水を選ぶ場合は、過剰な皮脂分泌を抑える作用をする「ビタミンC誘導体配合の化粧水」にします。

ビタミンC誘導体は抗酸化力が強く、過剰な皮脂分泌を抑制し、ニキビ跡の赤ら顔にも効果があります。

ビタミンC誘導体には水溶性、油溶性、両性のタイプがあります。

両性は水溶性、油溶性の良い成分が含まれていて安全性、安定性、持続性がありおすすめです。

ビタミンC誘導体は水との相性がよく、肌への浸透性も高く即効性があります。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ