オウバクエキス 下痢

オウバクエキス、その名前を聞いたことのある方は少ないのではないでしょうか?


オウバクエキスとはどのようなものかといいますと、ミカン科のキハダという樹木からとった内皮を乾燥させ、抽出したエキスのことを言います。


北海道から九州にまで幅広く自生している樹木であるが、漢方薬でつかわれているもののほとんどは中国から輸入されたものがほとんどであるという現状です。



オウバクエキスの効果

このオウバクエキスにはベルべリンという薬効成分が含まれていて、これは別名、苦味アルカロイドと呼ばれるもので強い殺菌作用があります。


アクネ菌にも効果があることからニキビ治療にもよく効きます。ヨクイニン、トウキ、ジオウなどの植物エキスとともに、美肌を作る成分として、敏感肌用化粧品にも配合されています。


入浴剤や角質ケアパックなどにも使われていて、肌の引き締め効果があり、肌を清潔に保ち、肌荒れ防止に優れているので化粧水、乳液、アストリンゼントローションなどにも使用されています。


そしてやはりその抗菌作用から、ニキビ予防の商品にも多くつかわれている成分です。


オウバクエキスは下痢に効くの?
ではそんなオウバクエキス、生薬、漢方薬としても古くから使われてきたといいますが、どのような薬なのでしょうか。


オウバクエキスの苦み成分が健胃、整腸、消炎性収れん薬に使われてきました。また、下痢止めや血圧降下剤としても使われています。


オウバクエキスは下痢止めに使われているということですが、これはオウバクエキスの中の薬効成分のベルべリンの持つ殺菌効果にあるとされています。


下痢が起こるのには様々な原因がありますが、殺菌作用を用いることに効果のある下痢は次の二つです。


「食あたり、水あたり」「ストレスや緊張による精神的な原因の下痢、整理周期や冷えによる下痢」です。


オウバクエキスはこれらの下痢に適した作用があります。殺菌作用は先ほどもあげたとおりですが腸の働きの調節作用、水分吸収や調節作用などにより下痢に有効であるとされています。


胃腸薬の中にもオウバクエキスが入っていますが、びっくりしてしまうぐらい苦いということは確かです。


良薬口に苦しということわざがありますがまさしくそのような感じです。オウバクエキスという万能薬で体の中から綺麗になりましょう。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ