オウバクエキス 効果

オウバクエキスという成分の名前をきいたことはありますか?


オウバクエキスは、古くから日本でも漢方薬として使われてきた成分です。しかし、現状としては漢方に使われているオウバクエキスのほとんどは日本のものではありません。


ミカン科の樹木で樹齢15年以上のキハダの樹皮から抽出された成分を乾燥させてできたものをオウバクエキスと言います。


日本では北海道から九州まで自生していますが高さが15~25メートルもある樹木で、独特の苦みと独特の弱いにおいがあるのが特徴です。


この苦み成分の中に健康効果や美容成分が詰まっているとされています。効果としては、胃腸の状態改善がありますが、皮膚に関しても大きな効果があります。



オウバクエキスの皮膚に対する効果

まず、薬効成分のベルべリンには抗菌作用があるので肌を清潔に保つことができます。


アクネ菌を抑制し、皮脂の過剰な分泌を抑える作用もあります。そして肌荒れ改善が期待できるのでニキビの治療には適しているといえます。


洗顔料、スキンケア商品から日焼け止めまで、オウバクエキスがはいった商品は多く発売されており、最近ではパックなどのスペシャルケアにもオウバクエキスを使用したものが多く出ています。


ニキビにはどのように効くのかといいますと、ヨクイニン、トウキ、ジオウなどの植物エキスとともに、美肌を作る成分として、また、敏感肌化粧品などにも配合されています。


入浴剤や角質ケアのパックにも用いられていて、天然の保湿成分により、乾燥肌の方の乾燥対策にも適していると言われています。


そしてまた、収れん作用もあるのがオウバクエキスで、肌を引き締めることもできますし、毛穴の開きにも効果があり、開いた毛穴をきゅっと引き締めることができます。


オウバクエキスはオウバクから抽出された天然由来の成分なので、身体にも優しく安全です。


古くから生薬としても使用されており、オウバクエキスの持つ苦味成分が健胃、整腸、消炎性収れん薬として使われてきました。


また、生薬としても胃や腸の調子を整えたり消炎薬としても使われ下痢止め、整腸剤、血圧降下剤などにも使用されています。


そしてまたそのように色々なことに作用するオウバクエキスは美容成分として化粧品などに含まれているだけではなく生薬やサプリメントにも使われ、健康食品としても取り上げられています。


そのように本当に幅広くつかわれているのがこのオウバクエキスで、たくさんの効能を持ったものであると言えます。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ