グリチルリチン酸ジカリウム 抗炎症作用

グリチルリチン酸ジカリウムは、ニキビ治療にもよく使われる成分です。


美白化粧品や育毛剤にもよく使われており、消炎成分のひとつです。


グリチルリチン酸2Kなどの別名があり、また、マメ科の植物である甘草から抽出された薬用成分ということもあり、甘草エキスと呼ばれていることもあります。


甘草に含まれているこのグリチルリチンにはさまざまな効果があり、漢方としては緩和作用、止渇作用などのほか、のどの痛み、咳を抑えるといった効果があります。


グリチルリチン酸ジカリウムはニキビなどの抗炎症作用があるの?

ニキビに効くのは、グリチルリチン酸ジカリウムの持っている「抗炎症作用」で、炎症を起こしているニキビの治療に有効ということです。


なぜ、抗炎症作用を持っているのか、ということですが炭素骨格が「ステロイド」とよく似ているからです。


ステロイドは皮膚科でよく処方される、皆さんご存知のニキビ治療薬ですね。


そして、そのステロイドも抗炎症作用を持っているために、グリチルリチン酸ジカリウムも同様の作用をもたらすのです。


ステロイドとは「副腎皮質ステロイドホルモン」のことをいい、人間のもつ免疫反応を鈍化させ、血管の拡張により起こる炎症を弱める働きがあり、これが作用することで抗炎症作用も発揮されます。



グリチルリチン酸ジカリウムの副作用はあるの?
そんなグリチルリチン酸ジカリウムの副作用はどうなのでしょうか?


グリチルリチン酸ジカリウムには副作用はほとんどありません。


ステロイドと同じ成分ですがステロイドのような副作用がないのがいいところです。なので化粧品にもたくさん使われています。


ただ、まれに「偽アルドステロン症」を発症するということもあります。


この病気は副腎から分泌された「アルドステロン」という物質がまるで過剰分泌されたかのように症状がでてしまう状態をいいます。


そして「高血圧」、「高ナトリウム血症」などの症状があらわれます。


ただ、どうやらこれは1日の摂取目安が40mgを超えた場合に発症の可能性があるということなので、内服するのではなく肌に直接塗る分でしたら問題はないようです。


即効性はあまりないために長期治療にはなりますが、ニキビの炎症、特に赤ニキビがひどい方はグリチルリチン酸ジカリウムを使ってみると、抗炎症作用で赤みがひくと思うので、迷っている方は一度皮膚科で受診してみることをおすすめします。


また、ニキビケア用品にもよくつかわれている成分なので市販で買って使うのも良いかと思われます。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ