グリチルリチン酸ジカリウム 乾燥

グリチルリチン酸ジカリウムをご存知でしょうか?


グリチルリチン酸ジカリウムは、ニキビ治療にもよく使われる成分です。


美白化粧品や育毛剤にもよく使われており、消炎成分のひとつです。


グリチルリチン酸2Kなどの別名があり、また、マメ科の植物である甘草から抽出された薬用成分ということもあり、甘草エキスと呼ばれていることもあります。


似ている名前でグリチルリチン酸ステアリルというものもあります。


甘草に含まれているこのグリチルリチンにはさまざまな効果があり、漢方としては緩和作用、止渇作用などのほか、のどの痛み、咳を抑えるといった効果があります。



グリチルリチン酸ジカリウムはニキビに効果がある?

ニキビに効くのは、グリチルリチン酸ジカリウムの持っている「抗炎症作用」です。炎症を起こしているニキビの治療に有効ということです。


なぜ、抗炎症作用を持っているのか、ということですが炭素骨格が「ステロイド」とよく似ているからです。


ステロイドは皮膚科でよく処方されるニキビ治療薬で、そのステロイドも抗炎症作用を持っているためにグリチルリチン酸ジカリウムも同様の作用をもたらすのです。


ステロイドとは「副腎皮質ステロイドホルモン」のことをいい、人間のもつ免疫反応を鈍化させ、血管の拡張により起こる炎症を弱める働きがあります。これが作用することで抗炎症作用も発揮されます。



グリチルリチン酸ジカリウムの副作用は?
グリチルリチン酸ジカリウム、乾燥しないか不安という方もいらっしゃるでしょう。


なんとなくステロイドと同じ炭素骨格ならば副作用も強いのではと思ってしまいますよね。


実はこのグリチルリチン酸ジカリウムはとっても安心して使うことのできる副作用の少ないものです。


乾燥の心配ももちろん必要なく、乾燥肌や敏感肌の方にも使えるようにできた成分になっているために、優しい成分なのです。


ただ、これは使用量をしっかり守った場合のみです。使用量を守らないと、手足のしびれ、むくみ、頭痛、吐き気、麻痺などの症状のほか、酷い場合には意識不明、息苦しさ、赤褐色の尿が出ることがあります。


使用量は1日40mgで、肌に塗布する場合には含有量100gあたり0.5%未満となっています。


ただこれは日本で販売されている商品であればしっかりと守られているのであまり心配はしなくてもよいでしょう。


乾燥肌の方にも使えるようになっているので、ぜひ使用してみてはいかがでしょうか。



tokushu-01purple 一緒に読まれています。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ