グリチルリチン酸ジカリウム 危険性

グリチルリチン酸ジカリウムは、ニキビ治療にもよく使われる成分です。


美白化粧品や育毛剤にもよく使われており、消炎成分のひとつです。


グリチルリチン酸2K、グリチルリチン酸ニカリウムなどの別名があります。


また、マメ科の植物である甘草から抽出された薬用成分ということもあり、甘草エキスと呼ばれていることもあります。


甘草に含まれているこのグリチルリチンにはさまざまな効果があり、漢方としては緩和作用、止渇作用などのほか、のどの痛み、咳を抑えるといった効果があります。



グリチルリチン酸ジカリウムはニキビにどんな効果があるの?

ニキビに効くのは、グリチルリチン酸ジカリウムの持っている「抗炎症作用」です。


炎症を起こしているニキビの治療に有効ということです。


なぜ、抗炎症作用を持っているのか、ということですが炭素骨格が「ステロイド」とよく似ているからです。


ステロイドは皮膚科でよく処方される、皆さんご存知のニキビ治療薬ですね。


そして、そのステロイドも抗炎症作用を持っているためにグリチルリチン酸ジカリウムも同様の作用をもたらすのです。


ステロイドとは「副腎皮質ステロイドホルモン」のことをいい、人間のもつ免疫反応を鈍化させ、血管の拡張により起こる炎症を弱める働きがあります。


これが作用することで抗炎症作用も発揮され、炎症を抑えながら痛みを緩和してくれるというものになります。



グリチルリチン酸ジカリウムの危険性はあるの?
敏感肌の方でも安心して使える天然由来成分なので危険性はありません。


スキンケア用品に多くは配合されていますが、洗顔石鹸に使われているものも少なくないようです。


ニキビケアのものは刺激が強いものもあり、肌がピリピリしてしまうですとかの症状があらわれてしまうこともありますが、このグリチルリチン酸ジカリウムにはそのようなことがなく快適に使うことができるようです。


ニキビは炎症を起こすととても大変になってしまいますから、そうなる前にこのグリチルリチン酸ジカリウムで肌への負担を抑えつつニキビを軽減させていくことが大切になっていきます。


とくに敏感肌で乾燥肌もあるかも知れないという方は、乾燥もしにくいこのグリチルリチン酸ジカリウムを選んでつかってみてはいかがでしょうか。


ハトムギ化粧水などの後ろにもグリチルリチン酸2k(グリチルリチン酸ジカリウム)が含まれていますが、全然ヒリヒリしないので愛用していますし、肌にも影響がないのだと思われます。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ