グリチルリチン酸 安全性

ニキビやニキビ跡などに有効な化粧品の成分を見ていると、「グリチルリチン酸」というものを見つけましたが、安全性について調べてきましたので、シェアしたいと思います。

57832e5a11a4253138e1e4f0c44d0750_s

みなさんはグリチルリチン酸2kというものを知っていますか?

名前が難しいので聞いたことのない方は多いかと思われますが、いったいグリチルリチン酸2kとは、どのようなものなのでしょうか?

ニキビやニキビ跡の化粧品に含まれるもので、とても気になったので調べました。


グリチルリチン酸2kとは、「甘草(かんぞう)の根っこ、あるいは茎から抽出し、精製した成分」のことです。

甘草(かんぞう)は、風邪などに効く葛根湯の原料です。

別名、カンゾウエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、甘草エキスなどとも呼ばれるようです。


ただこの甘草は、水に溶けにくく、このままでは使えないため、カリウム塩の形にしたものを「グリチルリチン酸2k」というものになるとの事です。

天然素材由来で、大変優れた抗炎症、抗アレルギー、解毒作用を持っており、スキンケア化粧品、育毛剤、皮膚炎などの多くの治療に使用されています。

ちなみに、医薬部外品の扱いです。


グリチルリチン酸2kの効用としては、かゆみ防止、にきび防止、フケ防止、抗アレルギー、抗炎症、殺菌、解毒などがあります。

グリチルリチン酸2kは多くのにきびケア用品に配合されています。

中でも、雑菌の繁殖が高い皮脂性肌に有効なので、高い炎症効果でにきびの炎症を抑えることができ、肌荒れを防止する効果があります。


グリチルリチン酸2kの安全性は??

では、このグリチルリチン酸2kの安全性は一体どうかといいますと、肌や体への刺激性は低く、毒性による副作用は少ないとされています。

ただ、このグリチルリチン酸2kはステロイドのような作用を持っているため、長期的に使用する際には、厳しい配合量既定の中でも、なるべく濃度の低いものを使用したほうが肌には優しいでしょう。


よって安全性という面においては、使用容量をしっかりと守って使えば問題はありません。

配合量はあらかじめ規定されておりますので市販で売られているグリチルリチン酸2k配合のものを使う分には問題ないでしょう。


また「美肌化粧品」として配合されている際は注意が必要です。

抗炎症、殺菌作用には優れているグリチルリチン酸2kですが、肌を白くする効果は無いようです。


美肌化粧品の中に含まれている場合は抗炎症効果としてではなく、肌の機能を抑え込むために配合された可能性があり、中でも洗い流さないタイプの美肌化粧品で、配合量が多い場合は、特に注意して選ぶ必要があります。


たくさんの商品に使われているのでこれらのデメリット発生の確率は低いですが、肌に使う物の成分をしっかり知って使うという事が、重要と言えそうですね。

是非、化粧品の後ろに書かれている成分表を見て、自分に合うかどうか知ることをおすすめします。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ