グリチルリチン酸k2 アトピー

グリチルリチン酸k2とアトピーの関連性について、調べてみました。

以前には、グリチルリチン酸k2の安全性アレルギーについて、まとめていますので、一緒に参考にして頂ければと思います。


アトピー性皮膚炎の治療には一般的にステロイド外用薬を使いますが、しかし、ステロイドには副作用があり、個人差がありますので、肌にはあまり良いものとは言い切れません。

そこでアトピー性皮膚炎では、ステロイドとよく似た効能を持っている「グリチルリチン酸2k」を使用した治療を行う事もあります。


ではグリチルリチン酸k2とはいったいどのようなものなのでしょうか?

グリチルリチン酸k2とは、「甘草(かんぞう)から抽出、精製したグリチルリチンの誘導体」です。


抗炎症作用とステロイドに似た作用を持っているので、にきびやアトピー性皮膚炎などのスキンケア用品として、多く用いられる成分です。

育毛剤としての効果も見られるため、最近は、化粧水だけでなくシャンプーなどにも配合されることが多くなっています。


グリチルリチン酸k2は、抗炎症作用とステロイドに似た作用を持ちますが、炎症を抑えるという点では、ステロイドのようなはっきりとした効果は見られにくいです。

グリチルリチン酸k2が効くのは、症状の軽いときの方が有効なので、はっきりとした皮疹がある場合には、副作用も懸念されますが、ステロイドを使って炎症を抑える必要があります。


グリチルリチン酸k2とアトピーの関係は??

そんなグリチルリチン酸k2は、アトピー性皮膚炎の治療に使う時には、以下の注意が必要になってきます。

グリチルリチン酸k2がアトピー性皮膚炎に効果があった際、抗炎症作用によるものです。

免疫が抑制されたことにより、炎症をおさえ、皮膚のかゆみや赤みが緩和されるので、ステロイドと同じ作用が働きます。

なので、副作用もステロイドと同じような症状が起きます。

すべて同様の作用が起こるわけではありませんが、もっとも厄介な症状の「リバウンド症状」は起こります。


皮膚の黒ずみ、体液の流出やかゆみの増大など、皮膚表面の発生症状は、使用する期間に応じてリスクも増えてきます。

もっとも、これらの症状はステロイドほど高くはありませんが、いったん症状が現れた場合には、免疫性作用による感染症が起こる可能性もあります。

その後の症状や経緯は、ステロイドのリバウンドとの大きな違いは見られないようです。


そしてもう一つ必要になってくる注意としては、「ネガティブフィードバック」というものです。

外部からのホルモン摂取で体内のホルモンの分泌が抑制されてしまうことです。


グリチルリチン酸2kの副作用は、長期間にわたって使用した際に、このように症状がでることもありますので、アトピー性皮膚炎の治療に使う場合は、短期間治療を試みたほうが良いですね。


029754

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ