グリチルレチン酸ステアリル 副作用

グリチルレチン酸ステアリルというものをご存知ですか?


グリチルリチン酸ジカリウムとよく似た名前ですね。


グリチルレチン酸ステアリルも市販の化粧品の一部に含まれているのですがそのような作用があるのでしょうか。



グリチルレチン酸ステアリルとは

まず、グリチルレチン酸ステアリルとはグリチルリチン酸を加水分解し、そこにステアリルアルコールが結合したものです。


ステアリルアルコールとは油溶性成分で香水、化粧水、乳化剤、軟膏、シャンプーやリンスなどにも用いられています。


このステアリルアルコールの結合のためにグリチルレチン酸ステアリルが油溶性のストロイド様成分とされています。


そして抗炎症薬、化粧品の成分に使用されているというわけになります。


そしてグリチルレチン酸ステアリルはグリチルリチン酸ジカリウムと同じように炭素骨格がステロイドと同じでそれによりステロイドと同じ効用をもたらします。




グリチルレチン酸ステアリルの効果
どのような効果があるかといいますと、「抗炎症作用」、「抗アレルギー作用」、「細菌発育阻止作用」、「抗消化性潰瘍作用」があります。


抗炎症効果はグリチルレチン酸の2倍とされており、強力な消炎効果があります。


皮膚炎症、かぶれ防止、肌荒れ防止、ニキビ予防や悪化防止などの目的で化粧品、医薬部外品に使われ、多く配合されています。



【PR情報】 脅威の365日返金保証付き! 1週間トライアルセット

ニキビケアに、ビーグレンを試してみませんか??





グリチルレチン酸ステアリルに副作用はあるの?
これらの効能をもつ、グリチルレチン酸ステアリルですが、用法や用量に一層の注意をしないとステロイドと同様、副作用が発生します。


グリチルレチン酸ステアリルは、グリチルリチン酸ジカリウムの2倍の抗炎症効果があり、その分危険です。


もし、ステロイドお同じ症状が出るとすると「偽性アルデステロン症」というものになります。


この症状としては、むくみや吐き気、尿量減少、倦怠感があります。ひどい場合には、筋力低下や歩行困難をもたらします。


このような副作用は内服時にみられることが多いものですがグリチルリチン酸ジカリウムよりも効能が強いことから、化粧品メーカーの化粧品の中にグリチルリチン酸ジカリウムを含むことはあってもグリチルレチン酸ステアリルは含まれていないということが多く見受けられます。


ですが、基本的に、グリチルレチン酸ステアリルも配合量の規定はありますので安全性は確保されています。


ただ、化粧水として使用する際に粘膜部に長期的に塗っていた場合にリスクがないというわけではないということなので、肌の弱い方は使われないか、または短期間での使用をオススメ致します。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ