グリチルレチン酸ステアリル 効果

グリチルレチン酸ステアリルというものをご存知ですか?


グリチルリチン酸ジカリウムとよく似た名前ですが、グリチルレチン酸ステアリルも市販の化粧品の一部に含まれているのですがそのような作用があるのでしょうか。



グリチルレチン酸ステアリルとは?

まず、グリチルレチン酸とは甘草というマメ科の植物から抽出されるグリチルレチン誘導体のことです。


そのグリチルリチン酸を加水分解し、そこにステアリルアルコールが結合したものをさします。


ステアリルアルコールとは油溶性成分で香水、化粧水、乳化剤や軟膏、シャンプーやリンスにも用いられています。


このステアリルアルコールの結合のためにグリチルレチン酸ステアリルが油溶性のストロイド様成分とされており、抗炎症薬、化粧品の成分に使用されているというわけになります。


そしてグリチルレチン酸ステアリルはグリチルリチン酸ジカリウムと同じように、炭素骨格がステロイドと同じでそれによりステロイドと同じ効用をもたらすとされています。



グリチルレチン酸ステアリルの効果
グリチルレチン酸ステアリルの効果はどういうのがあるのかというと、抗炎症作用、抗アレルギー作用、細菌発育阻止作用、抗消化性潰瘍作用です。


抗炎症効果はグリチルレチン酸の2倍とされており、強力な消炎効果がのぞめます。


皮膚炎症、かぶれ防止、肌荒れ防止、ニキビ予防や悪化防止などの目的で化粧品、医薬部外品に使われ、多く配合されています。


抗炎症作用がなぜ起きるかといいますと、油溶性成分のために肌の皮脂腺にまでとどき、ニキビの炎症を抑えるからです。


ニキビは、ホルモンバランスや肌の新陳代謝の低下により肌のターンオーバーが異常をおこすことで、古い皮脂が剥がれおちることなく毛穴にふたをしてしまうことで皮脂の詰まりがおき、それによりできます。


そんなニキビの炎症を抑えてくれるのがグリチルレチン酸ステアリルです。


また、グリチルリチン酸ジカリウムよりも「抗炎症効果が大きい」ために、紫外線ダメージを受けてしまった肌の炎症も抑えてくれる効果があります。


そんなニキビ肌の炎症に大きな効果をもたらすグリチルレチン酸ステアリルは、用法用量をしっかりとまもって副作用にも気をつけなければなりません。


ステロイドと同じ効能があるだけに、またグリチルリチン酸ジカリウムよりも強い抗炎症効果をもたらすために、一歩間違えると酷い場合には「歩行困難などのリスク」もあります。


法的規制された用量のものであっても、長年使ってしまうとリスクは大きくなるので短期間での使用をオススメします。



tokushu-01purple 一緒に読まれています。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ