サリチル酸 ニキビ プロアクティブ

サリチル酸はニキビケア用品の中にはよく含まれている成分ですが、どのようなものなのでしょう。


サリチル酸の効能とは

サリチル酸には「皮膚の角質を軟化させる」効能があります。


サリチル酸は配合量で肌に与える作用が変わってくるもので殺菌防腐作用、角質溶解作用などがあります。


サリチル酸は主にイボや足のかかとのガサガサを取り除くための角質溶解剤として医薬品としては使われているようです。


角質溶解剤とは、角質を溶かして角質層を薄くすることで柔らかくなるというメカニズムです。


それをニキビケアに用いると、古い角質を溶かし角質層を薄く柔らかくすることによって、「化粧水や美容液の成分の浸透力を高める効果」「ニキビの毛穴のつまり、角栓を溶かして予防」という2つでニキビ予防としては用いられています。


そしてわずかではありますがアクネ菌殺菌作用ももっていますので、炎症のある赤ニキビへの効果も期待することのできる万能薬なのです。



サリチル酸の副作用
そんなサリチル酸にもいくつかのデメリットはあります。過敏症状を引き起こす可能性があり、ほてり、かゆみ、赤みという副作用の発生が考えられます。


また、皮膚に塗るだけであるのであれば問題はありませんが、成分としては催奇性も報告されていることから、妊娠中の方は念のためひかえたほうがよいでしょう。


ケミカルピーリングに対しては角質を溶かす作用が非常に強いので、肌のバリア機能が一時的に低下することがあります。


敏感肌のひとは使ってしまうと肌を痛める可能性もありますので、一度皮膚科か美容クリニックで相談してから使うのが望ましいでしょう。



ニキビ治療薬プロアクティブ

そして、このサリチル酸を用いた有名なニキビケア商品をみなさんはご存知でしょうか?


それがプロアクティブです。プロアクティブを使っていた方は多いのではないのでしょうか?


実際私も中学のころ、ニキビがひどすぎてなけなしの貯金を切り崩して通販で買っては試していました。


結論から言うと、ニキビは治りました。なにをしてもダメだったニキビが見る見るうちによくなっていった実感は得ることが出来ました。


しかし、肌の本来の状態はというと、とても乾燥肌になってしまい、色素沈着のような赤みが肌全体に残ってしまいました。


使わなくなってから数年たってやっと色素沈着は収まりましたが、今はとても乾燥肌に悩まされている状態です。


個人差もありますが、サリチル酸の強い刺激を使ったプロアクティブは乾燥肌になる可能性もあるので必ず自分の肌に合っているか調べてからの使用をおすすめします。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ