サリチル酸 ピーリング ニキビ跡

サリチル酸はケミカルピーリングとして、ニキビ跡の治療にも使われています。


ピリピリとした痛みはほとんどなく皮膚の角層を溶かし、一か月に一回ほどのピーリングとなっています。


サリチル酸はケミカルピーリングの効果

毛穴の角化抑制だけでなく、皮膚表面の角質除去により細胞から色々な作用を伝達する物質であるサイトカインが放出されることがわかっているので皮膚の新陳代謝が活発になり、コラーゲンが生成されキメの細かい整った肌に導くことができます。


また、紫外線から肌を守る働きもあります。


ニキビには大体最低でも6回、ニキビ跡の方はニキビよりも消すのがたいへんなので、大体1年ほどはかかる長期のものになります。


ケミカルピーリングの作用としては、ピンポイントで強い薬剤を当てる場合もありますが大体は肌の表面に均等に塗っていきます。


そしてその酸性薬剤を中和したのち、クーリングを行い、肌をよく冷やします。


強い薬剤を使った場合には深いかさぶたになることもあり、剥がれた後も数週間は赤くなることもあります。



サリチル酸のケミカルピーリングはニキビ跡に効果があるの?
ニキビ跡の赤みや色素沈着が目立たなくなるとされています。というのはピーリング作用で古い角質を取り除くことで肌の表皮が生まれ変わるからです。


また、浅いクレーター状のものにも効果があり、ピーリングの刺激によりニキビ跡周辺の真皮にあるコラーゲン生成がうながされるからです。


メリットとしては通院するだけでニキビ跡が改善されていくので、比較的楽に治療ができることです。


デメリットとしてはやはり長期での通院が必要なために即効性がないというところです。


サリチル酸のケミカルピーリングをうける際の注意点
ピーリングのあとの肌というのはバリア機能が低下しているため、紫外線などのダメージを与えないようしっかりとアフターケをしなくてはならないということです。


1つ目は乾燥しやすいために保湿ケアをおこたらないこと2つ目は指定の日焼け止めなどを使い帽子を使うなどして日焼けしないようにするということです。


そしてまた、ケミカルピーリングは肌へのダメージなしに、十分なピーリング効果を得るための施術期間の見定めが非常に難しいものでもあります。


なので治療される場合には専門医をじっくり話したうえで、どのように治療していくかをきめることが大切になってきます。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ