サリチル酸 ピーリング 副作用

サリチル酸はさまざまなニキビケア用品に用いられている成分で、ケミカルピーリングとしても使われています。


サリチル酸は配合量によっても効果が変わってくるらしいのですが殺菌防腐作用、角質溶解作用を持ったものとして有名です。


角質を柔らかくする働きがあり、イボやかかとのガサガサを取り除く目的で使用されることもあるようで、角質を溶かしてしまい、角質を柔らかくするというメカニズムです。


それにより、化粧水の浸透力を上げる、ニキビの毛穴の詰まり、角栓を溶かして予防という効果があるそうです。


また、殺菌防腐作用でニキビの原因であるアクネ菌の増殖を抑え、「肌を清潔に保つ」という効果もあるようです。


サリチル酸のケミカルピーリング

ピリピリとした痛みはほとんどなく皮膚の角層を溶かし、一か月に一回ほどのピーリングでよいそうです。


毛穴の角化抑制だけでなく、皮膚表面の角質除去により細胞から色々な作用を伝達する物質であるサイトカインが放出されることがわかっているので皮膚の新陳代謝が活発になり、コラーゲンが生成されキメの細かい整った肌に導くことができ、また、紫外線から肌を守る働きもあります。


ニキビには大体最低でも6回、ニキビ跡の方はニキビよりも消すのがたいへんなので、大体1年ほどはかかる長期のものになってしまうのがデメリットですね。


ケミカルピーリングの作用としては、ピンポイントで強い薬剤を当てる場合もありますが大体は肌の表面に均等に塗っていき、その酸性薬剤を中和したのち、クーリングを行い、肌をよく冷やします。


強い薬剤を使った場合には深いかさぶたになることもあり、剥がれた後も数週間は赤くなることもあるようです。


どのようなニキビ跡に効果があるのかという話ですが、ニキビ跡の赤みや色素沈着が目立たなくなるとされています。


ピーリング作用で古い角質を取り除くことで肌の表皮が生まれます。


また、浅いクレーター状のものにも効果があるようで、ピーリングの刺激によりニキビ跡周辺の真皮にあるコラーゲン生成がうながされることで効果がでるようです。


ケミカルピーリングの副作用
副作用としては病院で受けた場合、その後の対策をしっかりとしないと起きるようです。


中でも「最も大切なのが紫外線対策」です。


ピーリング後の弱った肌で外に外出しようものなら一生後悔することになるでしょう。


ピーリングの跡の紫外線には気をつける必要があるようです。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ