サリチル酸 二酸化炭素

サリチル酸という成分をみなさんはご存知でしょうか?


サリチル酸はピーリングや保湿などとならんでニキビケアに良く用いられる成分です。


値段が安いということもあり、色々なメーカーで化粧品の中に取り入られています。


サリチル酸は配合量により肌への作用が変わってくるそうで、殺菌防腐作用、角質溶解作用などがあります。


もともと、医薬品の他にも化粧品、食品にも防腐剤としてよく使われていたようです。


別名を「ヒドロキシ安息香酸」と呼び、ナトリウムとフェノキシド、二酸化炭素の化学反応を用いて作られています。



サリチル酸の効果

サリチル酸は肌の雑菌を防ぎ、角質を柔らかくする作用があります。古くなった角質を溶かすことでニキビの毛穴の詰まりを予防するというのが目的で使用されています。


では詳しく見ていきましょう。
1つ目として、角質を柔らかくする働きがあります。サリチル酸は医薬品で角質溶解剤として魚の目やイボをとる目的で配合されているようです。


角質を溶かし、角質層を薄くすることで柔らかくなるという仕組みです。


それをニキビケアに用いると古い角質を溶かし薄くして角質層を柔らかくすることにより、化粧水や美容液の有効成分の浸透力を高める、ニキビの毛穴の詰まり、角栓を溶かすことでニキビ予防をするというものです。


2つ目は菌の繁殖を抑える働きがあります。サリチル酸は肌のニキビ菌であるアクネ菌の繁殖を防ぐ効果もあります。洗顔から保湿の間までを菌が繁殖しにくい状態にさせるということです。


サリチル酸が洗顔だけでなく化粧水、美容液にも取り入れられているのにはこのような効果があるからです。



サリチル酸の副作用
そんなサリチル酸は副作用もあります。肌の皮脂を必要以上にとってしまうので肌がとても乾燥しやすくなってしまいます。なので乾燥肌の方にはおすすめいたしません。


結構サリチル酸は色々なニキビケアのものに取り入れられており、私も以前使用していたものがありました。


使っていた当時はニキビが本当に全盛期といった感じで顔中がぶつぶつでした。しかも白ニキビのような小さいものではなく、炎症を起こした赤ニキビがたくさんで、寝ている間につぶれてしまっていたりと本当にひどいありさまでした。


当時ニキビに効くとされていたニキビケア商品を高額で買い、試したところ確かにニキビは無くなりましたが、恐らくそのあたりで乾燥したのでしょう。


今では乾燥肌になってしまいました。なので、個人的にはサリチル酸の含まれているものは、長期で使用はひかえたほうが良いと思われます。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ