サリチル酸 角栓

サリチル酸、という成分をみなさんはご存知でしょうか?


サリチル酸には「皮膚の角質を軟化させる」効能があります。


サリチル酸は配合量で肌に与える作用が変わってくるもので殺菌防腐作用、角質溶解作用などがあります。


サリチル酸は主にイボや足のかかとのガサガサを取り除くための角質溶解剤として医薬品としては使われているようです。


角質溶解剤というのは、角質を溶かして角質層を薄くすることで柔らかくなるというメカニズムです。


それをニキビケアに用いると、古い角質を溶かし角質層を薄く柔らかくすることによって、化粧水や美容液の成分の浸透力を高める効果、ニキビの毛穴のつまり、角栓を溶かして予防という2つでニキビ予防としては用いられています。


サリチル酸は主に2種類

1つ目は「サリチル酸エタノール」というものです。


サリチル酸はもともとが強酸で医薬品としては解熱や痛みどめとして使われていました。


欧米などではケミカルピーリングの処方にも使われていましたが痛み、炎症、めまい、頭痛、耳鳴りなどの副作用がでるとのことで『サリチル酸中毒』と呼ばれていました。


強酸は肌への影響も強く出るのでピーリングの効果も期待できますが、ピールが深くなりやすく副作用もあります。


中和をし、ピーリング前後にも適正な処置をしなければならないので複雑な手順でした。


その中でも強酸であるサリチル酸は、日本人の肌質には合わないとされています。


エタノールに混ぜたことによりサリチル酸中毒の危険性はなくなったとされていますが日本人、アジア人の肌にはまだ強い刺激を与えるとされています。


角質を溶かすピーリングになり、アルコール特有のピリピリした痛み、炎症が起こることも多く回復期を長く必要とします。


2つ目は「サリチル酸マクロゴール」というものです。


エタノールに溶かしてつかっていたサリチル酸をマクロゴールという基材にかえて安全性を高めたものです。


マクロゴールと合わせることでリスクと手順の軽減になることがわかりケミカルピーリングの主流となりつつあります。


ニキビの菌、皮脂、角栓を溶かすのでニキビ治療に役立ち再発しにくい状態にします。


コラーゲン増加の効果もあり、キメや弾力を実感させるとともにニキビ跡や毛穴の改善にも関わってきます。


痛み、赤みが出ないこと、回復が早いことが特徴です。しかし、角質機能をすっかり溶かしてしまうのでバリア機能がほぼゼロの状態になります。


肌の再生機能も高まるために数日後には新しい角質層が厚さをましますが完全に仕上がるまでには十分な保湿、紫外線予防が必要になります。


2つ目のサリチル酸マクロゴールを使用することで角質を取り除き、小鼻などの角栓も取り除くことができるのではないでしょうか。



tokushu-01purple 一緒に読まれています。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ