ダラシンtゲル 黒ニキビ

ダラシンtゲルは、ニキビの治療薬として昔から親しまれている薬です。

ニキビの原因菌を殺菌する作用があり、膿んでしまった黄ニキビや赤く腫れてしまった炎症ニキビには直接的な効果が期待できます。

ダラシンtゲルは黒ニキビに効果がないのか?

しかし、黒ニキビには効かないという方も多いようですね。

黒ニキビは、どちらかといえばニキビの初期段階といえます。

一番初期の段階は白ニキビで、毛穴の先が閉じた状態で、中に固い芯が詰まっています。

黒ニキビは、白ニキビの毛穴が開いてそこが酸化して黒くなったものです。

まだ炎症している状態ではないので、ダラシンtゲルは「あまり効果がない」といえるかもしれません。

ただ、ディフェリンゲルと併用することで、早く綺麗にニキビを治すことができるようになります。

白ニキビも黒ニキビも、まだ炎症はしていませんが、放置していたらそのうち悪化してしまう可能性を持っています。

ひょっとしたら表面に現れていないだけで、炎症化が進んでいるかもしれません。

ディフェリンゲルは逆に炎症ニキビには効果があまり出ないので、併用することでどちらのタイプにも効果を発揮することができ、痕を残さずに治療できるようになります。

ですから、最初から色々なタイプのものが混在している場合、皮膚科でも両方を処方される可能性が高いですね。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ