トラネキサム酸 アレルギー

トラネキサム酸、というのをみなさんはご存知でしょうか?


トラネキサム酸とは必須アミノ酸であるリシンをベースにして人工的に作られたアミノ酸のことです。


トラネキサム酸はアレルギー肌にもやさしい

トラネキサム酸とは、アミノ酸の一種であり、抗炎症、抗アレルギー作用、止血効果を持っており、もともと湿疹、じんましんの治療や止血目的で使われている成分になります。


このトラネキサム酸、肝班などのシミにも効くとされ、最近では美容でも取り上げられています。


肝班とは、頬骨の上、目じりの下に左右対称にできるシミのことで、輪郭がはっきりしておらずぼんやりと浮き上がってくるのが主な特徴です。


30代から40代の方によくあらわれるこの肝班はピル利用者に多いことから、ホルモンバランスに影響しているのではないかとされています。


抗アレルギー効果があるため、アレルギーの薬としての効果もあるようです。


アレルギー肌にも使えるということで刺激の強くないものであるということがわかりますね。


また、トラネキサム酸には抗炎症作用もあり、その成分の中に、シミにも効果があるものがあります。



トラネキサム酸の主たる効能
トラネキサム酸の主たる効能として「プラスミン」という酵素を抑える抗プラスミン効果があります。


プラスミンは血栓を分解、炎症を起こす作用があります。このプラスミンの作用の抑制をすることで、止血効果、抗炎症効果をもたらします。


そしてそのプラスミンにはシミの要因であるメラニン生成に関与する働きを持っています。


シミができる過程としてはケラチノサイトに紫外線という刺激物質が作用し、沢山の情報伝達物質がメラノサイトを活性化させ、それによりチロシナーゼが活性化します。


そのチロシナーゼとチロシンが結合し、メラニンが生成され色素沈着が起きます。新陳代謝の低下によりメラニンの排出ができないことでシミやくすみ、そばかすができます。


このなかでプラスミンは情報伝達物質の一つとなっています。その作用をトラネキサム酸が抑制することでメラニン生成を根から遮断し美白効果を発揮するとされています。


シミの他にも美白、美肌、抗炎症作用の効果も期待できます。


そしてまた、ニキビ跡への効果があるとされています。ニキビ跡は炎症系色素沈着になるのでそこにどうやら効くようです。


トラネキサム酸は服用もできますが、血管内の血栓を溶解する働きを抑制する作用があるので医師の指示が必要になります。


しかし、肌に直接外用する場合には副作用がほとんどないために安心して使うことが可能です。なのでトラネキサム酸配合のスキンケアは安心して使うことができます。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ