トラネキサム酸 副作用

トラネキサム酸は、止血剤として医療現場などでよくつかわれる成分です。


このトラネキサム酸は肝班やシミの改善にも効くとされ、美容にも取り入れられています。


肝班とは、頬骨の上、目じりの下に左右対称にできるシミのことです。輪郭がはっきりしておらずぼんやりと浮き上がってくるのが主な特徴です。


30代から40代の方によくあらわれるこの肝班はピル利用者に多いことから、ホルモンバランスに影響しているのではないかとされています。


そんな肝班のようなシミにこのトラネキサム酸は改善する効果が高いとされ、内服薬として飲み続けると肝班のシミが薄くなると言われています。


トラネキサム酸の副作用とは

そんなトラネキサム酸、副作用はどうなのでしょうか?


トラネキサム酸はもともと止血剤として使われていたのもあり、血が固まりやすくなります。そして血栓ができやすくなってしまいます。


その血栓が詰まってしまうと、脳梗塞、心筋梗塞、血栓性静脈などの病気を引き起こしてしまう場合もあります。


また、止血剤ということもありますので、妊婦のかた、授乳中の方の使用もなるべくならばひかえるのがよいでしょう。どうしても使う場合は事前に医師に相談しましょう。


といってもこれは飲み薬の場合を主として考えて頂ければよいので、ニキビやシミなどで塗り薬として肌に塗る場合にはそこまで考える必要はありません。


まれに食欲不振や吐き気などに襲われる方もいらっしゃるようですが、一時的なものになるのでほとんど心配しなくてよいでしょう。



トラネキサム酸を飲み薬として服用する場合の注意
では飲み薬として服用する場合、どのようなことに気をつける必要があるのでしょうか。


腎臓から排出される薬なので腎臓の弱っている高齢者の方、目安として55歳以上の方は注意が必要です。


高齢者になりますと、血栓症も引き起こしやすくなるのでそこも注意する必要があります。


また、2か月以上の服用は避けましょう。これは2か月以上の服用に関する安全性がいまだに証明されていないためです。


他にもピル服用時には飲んではいけない、トラネキサム酸を別のところに服用している場合は服用してはならないなどがあります。


特に血栓症には注意がより必要です。家族に血栓症の方がいる場合などは自分も血栓ができやすい可能性があるとみていいでしょう。


市販のもので手軽にトラネキサム酸を手に入れることもできるでしょうが、血栓のできやすいひとなどは必ず一度病院で受診されてから処方するべきかどうかを確認したほうが良いでしょう。



tokushu-01purple 一緒に読まれています。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ