トラネキサム酸 授乳中

トラネキサム酸をご存知ですか?


トラネキサム酸とは必須アミノ酸であるリシンをベースにして人工的に作られたアミノ酸のことをいいます。



トラネキサム酸の効能

トラネキサム酸は止血剤として利用されることが多く、長い期間様々な医療薬品の中で使われてきました。


また、トラネキサム酸には抗炎症作用もあり、その成分の中に、シミにも効果があるものがあります。


トラネキサム酸の主たる効能は「プラスミン」という酵素を抑える抗プラスミン効果があります。


プラスミンは血栓を分解したり炎症を起こす作用があり、このプラスミンの作用の抑制をすることにより、止血効果、抗炎症効果をもたらします。


そしてプラスミンにはシミの要因であるメラニン生成に関与する働きを持っています。


シミができる過程として、ケラチノサイトに紫外線という刺激物質が作用し、沢山の情報伝達物質がメラノサイトを活性化させ、それによりチロシナーゼが活性化します。


チロシナーゼとチロシンが結合し、メラニンが生成され色素沈着が起き、そして新陳代謝の低下によりメラニンの排出ができないことでシミやくすみ、そばかすが発生します。


このなかでプラスミンは情報伝達物質の一つとなっており、その作用をトラネキサム酸が抑制することでメラニン生成を根から遮断し美白効果を発揮するとされています。


シミの他にも美白、美肌、抗炎症作用の効果も期待でき、有効な美容成分です。



トラネキサム酸、授乳中は使えるの?
一般的に副作用はあまりないとされているので、影響はないとされています。


その抗炎症作用から妊娠中に炎症を起こした時にも処方される場合もあるくらいなので、安心して服用できます。


ただ、個人差もあり、ひとによっては食欲がなくなってしまったりですとか、吐き気を催してしまったりする場合もあります。


妊娠中などは特に体調不良に陥りやすい状態にもなり、つわりがおわったのに吐き気が…なんてことにもなりかねません。


赤ちゃんに影響はなくても母体への影響がある場合もありますので、しっかりと体に合っているかどうかの確認をしてからの使用が好ましいでしょう。


授乳中はホルモンバランスの乱れによってシミができやすい状態になってしまうので、シミを防ぐケアにトラネキサム酸を使うのは良いとされています。


トラネキサム酸は授乳中のシミのケアに良いとされすすめる医師もいるそうなので、一応、病院などでの検査をしてからの使用をしてみるとよいのではないでしょうか。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ