トラネキサム酸 赤み

トラネキサム酸をご存知ですか?


トラネキサム酸とは必須アミノ酸であるリシンをベースにして人工的に作られたアミノ酸のことをいいます。


トラネキサム酸の効能とは

トラネキサム酸は止血剤として利用されることが多く、長い期間様々な医療薬品の中で使われてきました。


また、トラネキサム酸には抗炎症作用もあり、その成分の中に、シミにも効果があるものがあります。


トラネキサム酸の主たる効能は「プラスミン」という酵素を抑える抗プラスミン効果があります。


プラスミンは血栓を分解したり炎症を起こす作用があり、このプラスミンの作用の抑制をすることにより、止血効果、抗炎症効果をもたらします。


そしてプラスミンにはシミの要因であるメラニン生成に関与する働きを持っています。


シミができる過程として、ケラチノサイトに紫外線という刺激物質が作用し、沢山の情報伝達物質がメラノサイトを活性化させ、それによりチロシナーゼが活性化します。


チロシナーゼとチロシンが結合し、メラニンが生成され色素沈着が起きるのです。新陳代謝の低下によりメラニンの排出ができないことでシミやくすみ、そばかすが発生します。


このなかでプラスミンは情報伝達物質の一つとなっており、その作用をトラネキサム酸が抑制することでメラニン生成を根から遮断し美白効果を発揮するとされています。


シミの他にも美白、美肌、抗炎症作用の効果も期待でき、有効な美容成分です。


他にも抗アレルギー作用、抗ウイルス作用などさまざまな効能があり、とても有効な成分となっています。



トラネキサム酸は肌の赤みにも効果があるの?
そんなトラネキサム酸は、ニキビ跡にも効くとされています。


ニキビ跡というと色素沈着、クレーターなどがありますが、色素沈着にも効くとのことです。


色素沈着とはニキビ跡が赤くなってできてしまうことをいいますが、実はこれは皮膚の中で出血を起こしてしまい、肌の奥でいわば内出血のようなものが起きてしまったという状態です。


そしてその内出血が太陽の光からの紫外線などにあたることによって、あのような赤黒いような色素沈着の赤みが定着してしまうのです。


それを治すのがこのトラネキサム酸です。トラネキサム酸には止血の効果もありますので、それにより肌の中で出血してしまった構造を治す働きをします。


実際、クリニックなどでもよく出されるお薬ですし、資生堂はm-トラネキサム酸という物質を作り、より使いやすいトラネキサム酸をつくってもいるそうなので、トラネキサム酸を使えば赤みにも効果があるのではないでしょうか。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ