トレチノイン 効かない

トレチノインは、強力な美白作用をもちます。肌の表面にある細胞を強制的に排出させ、新しい細胞の生成を促すことで、メラニンを含む肌細胞を効果的に取り除くことができます。

その強力な作用から副作用も心配されるほどであり、トレチノインの効く症状なら素早く改善させることが可能です。

トレチノインが効かないケースとは?

しかし、中には使い続けても効果が出ないケースもあり、一度効いてもその後にまた症状が現れてしまうこともあります。

実はトレチノインには効かない症状があり、同じようなシミであっても使用に向かないケースもあります。

トレチノインが効かない例として、生まれつきの症状である「色素性母斑」があります。

また、シミのように見えてもホクロであることも多く、この場合は効果が期待できません。

肝斑の場合は効きが弱いのですが、長期にわたってケアを行えば少しずつ薄くなっていきます。

そばかすや扁平母斑はケアを行えば消えるのですが、一定期間が経過すると再びできてしまうことも多いようです。

一般的にできるシミは、大抵が紫外線を浴びたことによりメラニンが過剰に生成され、それが肌に長く留まることで現れます。

このタイプのシミにはトレチノインが非常に有効であり、素早く改善させることができます。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ