ハイドロキノン 効果 どのくらい

肌の漂白剤と言われる程の高い美白効果があるとされるハイドロキノンですが、実際どのくらいの効果があるのでしょうか。

ハイドロキノンの美白効果はどのくらいあるのか

ハイドロキノンは海外では割と前から美白効果があるとされ使用されてきた物ですが、日本では副作用等の心配から制限されており、今でも配合できる量等が厳しく決められています。

濃い濃度の物を自己判断で使用すると白斑等が出来るとされているためで、日本では市販品では安全に使用出来るとされる2%~3%程度の配合量の物が多くなっています。

市販品よりも高濃度の物は医師の処方が必要とされています。

ハイドロキノンはシミの原因となるメラニン色素の合成を阻害する働きがあり、既に出来てしまったシミを薄くする働きがあるとされています。

その高い美白力から人気が出てきている成分ですが、その分使用方法に注意が必要です。

ハイドロキノンを使用している肌はその高い美白効果から、メラニンの生成が阻害されとても無防備な状態になっています。

その為紫外線を浴びると火傷のような状態になる事があり、使用中はいつも以上に「紫外線対策をする必要」があります。

そして、シミが薄くなったら使用を中止して長期間続けて使用をしないようにと言われています。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ