ビタミンC誘導体 かぶれ

ビタミンC誘導体は、ビタミンCという肌に浸透しにくいものを浸透しやすい形に改良したものを言います。


ビタミンCは安定性に欠けており、酸化されやすいという特徴があり、たとえ肌に塗っても肌のバリア機能からほとんど吸収されずに終わります。


しかしながら、ビタミンC誘導体は角質層に浸透する浸透力があり、肌に吸収された後に酵素反応でビタミンCに変化するという働きがあります。


そんなビタミンC誘導体が肌に浸透するとメラニン色素生成の抑制や、色素沈着の抑制、すでにできてしまっているシミやそばかすを消したり、薄くすることができます。


美白効果のほかにも、肌のハリを保つコラーゲンを増やす働きもあり、近年非常に注目されている成分になっています。


ニキビにもよいとされています。抗炎症作用と皮脂分泌抑制作用に理由があります。


過剰な皮脂分泌により毛穴がふさがりできてしまったニキビにもビタミンC誘導体を塗ることでよくなり、毛穴も引き締まると言われています。


ビタミンC誘導体は かぶれが起きるの?

もともと、ニキビ肌というのは敏感肌に分類されるのですがそこにビタミンC誘導体をつけるというのは、肌にとってとても刺激の強いことになります。


ビタミンC誘導体には肌の水分を吸収する力があるのですが、これを「酸化還元反応」と呼びます。


この酸化還元反応により、肌が乾燥し、もともとのビタミンCの特性の刺激により痛み、かゆみ、赤みなどのかぶれの症状が起きます。


ビタミンC誘導体の濃度も関係してきますが、濃ければ濃いほどかぶれの症状はよりわかりやすく出てきます。


私もビタミンC誘導体を使っていたころはありました。


実際、粉末状のビタミンC誘導体を使っていた化粧水などにまぜていたのですが、まず毎日の量を上手く量ることができない袋に入っていたので、量にムラがありました。


そしてやはりかぶれていたのでしょう。使った後には肌がピキピキしたように乾燥しており、痒くて、痛くて、なんだかカピカピで…といった感じでした。


かぶれの気配を感じたら、すぐにでも使用を控えることをオススメします。


なお、ニキビもおさまり、色素沈着に悩まされていた時にも使いましたが、その時はかぶれの症状は起きず、赤みがかった肌も1年くらいの長い年月をかけていく中でだんだんとよくなっていきました。


色素沈着に悩まれている方には、ぜひとも使っていただきたい成分です。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ