ビタミンC誘導体 クレーター

ニキビ跡のクレーター、本当に鏡を見るだけでいやになりますよね。


ケアを間違ってしまったニキビはクレーターになって、またしてもあなたの悩みの種にさせてしまいます。


そしてクレーターができてしまうと、なかなか治らないというのがネックです。


なぜクレーターが治らないのかといいますと、肌の奥深くの細胞組織が壊れているという状態だからなのです。


そのように傷ついてしまっている肌に化粧水をいくらつけたところで、肌は浸透能力を失ってしまっているために効果が期待できません。


ビタミンC誘導体はニキビ跡のクレーターに効く?

そのようなクレーターの跡も時間をかけてならある程度自力で治すことは可能なようです。


肌の奥深くの真皮に働きかけて新しい組織を作り、肌の内部を持ち上げ、肌全体にハリがでるようにすることが必要になります。


ではそのために何が必要なのかといいますと、肌組織を作っているコラーゲン」です。


そしてその肌のコラーゲンの生成に不可欠な肌にとって重要な成分が「ビタミンC」です。


ビタミンCが入っている化粧水がよいとされているのには、このような要因があったからです。


そんなビタミンC、摂取するのは実はとても大変なことで、ほとんどは酸化しやすく、水になかなか溶けてくれません。


それを水に溶けやすい形に改良したものが「ビタミンC誘導体」と呼ばれるものです。



3つのビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体にもさまざま種類がありまして、それぞれに違う特徴がみられますので自分にあったものを選ぶのがよいでしょう。


まず一つ目としては「水溶性ビタミンC誘導体」です。これは非常に水に溶けやすいです。即効性はありますが、肌の皮脂とはなじみがよくないので肌の深部への浸透性が低いとされています。


2つ目は、「油溶性ビタミンC誘導体」です。これは油に溶けやすいです。


皮脂との馴染みがよく停滞能力もありますが即効性には欠けるとされています。


3つ目は「新型ビタミンC誘導体」です。これは別名APPSと呼ばれるものです。


水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体の両方の長所をもったものです。


これら3つのなかでニキビ跡のクレーターのケアには3つ目がやはり一番効き目もあり、即効性もあるとされています。


私はビタミンC誘導体を使っていました。粉末タイプを水に溶かすタイプのものだったので恐らく水溶性ビタミンC誘導体を使っていたのでしょうか、ニキビ跡にはよく効きました。


1年くらい要したとは思いますが、毎日使っている間に色素沈着からなくなっていき、クレーターの跡もだんだん目立たなくなったので効果はあると思われます。



tokushu-01purple 一緒に読まれています。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ