ビタミンC誘導体 プラセンタ 相性

ビタミンC誘導体はさまざまな化粧品、スキンケア用品に使われています。


ビタミンC誘導体とはいったいどのようなものなのでしょう。


ビタミンC誘導体とは

ビタミンCは安定性にかけ、酸化しやすいので肌に塗っても肌のバリア機能からはじかれほとんど吸収されません。


そのビタミンCを肌に取り入れやすく改良したものが「ビタミンC誘導体」です。これにより角質層へ浸透し、肌に吸収されたのちに酵素反応によりビタミンCへと変化することで肌に効果をもたらします。


どのような効果があるかというと、活性酸素を抑制する抗酸化作用、メラニンの還元作用、新陳代謝促進作用、皮脂分泌コントロール作用、コラーゲン生成作用などがあります。


もちろんニキビの治療にも使用されることの多い成分です。


皮脂抑制作用によりニキビの原因の過剰な皮脂の分泌を抑えます。また、炎症抑制効果によりニキビの悪化やニキビ跡を防ぐ効果があります。


特に、赤ニキビの炎症には効くそうです。


赤ニキビのやっかいなところは繰り返しできてなかなか治らない、赤く炎症して痛いニキビができたところが赤くなる、顔や首、デコルテなどの部位にもあらわれる、乾燥がひどくなる、などがあります。


そしてその赤ニキビが治らない原因は、ターンオーバーの乱れがあります。ターンオーバーとは肌の再生サイクルのことでこれにより古垢や炎症を抑え綺麗で清潔な肌に保とうとします。


そのターンオーバーの乱れをなおすことが赤ニキビの改善につながります。


ビタミンC誘導体とプラセンタは相性がいいの?

ではそんなビタミンC誘導体ですが、プラセンタと一緒に使うことは効果があるのでしょうか?


プラセンタとは英語で胎盤のことを指します。その胎盤には様々な栄養が含まれており、様々な効能をもたらします。


うつ病や二日酔い、代謝アップ機能、冷え性の改善、バストアップやダイエット、美白成分などがあります。


そんなプラセンタとビタミンC誘導体は混ぜるとさらにニキビへの効果があるとされています。相性も良いそうです。イオン導入効果があるそうなのでぜひ試してみて下さい。


ただ、ビタミンC誘導体はよく混ぜて使わないと、プラセンタと混ぜた化粧水などにしても下の方に沈殿してしまい、結局混ぜ合わせた意味があまりなくなってしまいます。


なので使う際には必ずよく振ってから使うようにしてください。そしてプラセンタを混ぜる際には必ず生プラセンタを使ってください。


ビタミンC誘導体もすでに商品になっているものではなく、どちらも添加物の入っていないものを使うようにするのがコツです。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ