ビタミンC誘導体 乾燥

ビタミンC誘導体は色々な化粧品、スキンケア用品に使われています。


ではそのようなビタミンC誘導体とは、いったいどのようなものなのでしょう。


ビタミンC誘導体とは

ビタミンCは安定性にかけ、酸化しやすいので肌に塗っても肌のバリア機能からはじかれほとんど吸収されません。


そのビタミンCを肌に取り入れやすく改良したものが「ビタミンC誘導体」というものです。


これにより角質層へ浸透し、肌に吸収されたのちに酵素反応によりビタミンCへと変化することで肌に効果をもたらします。


どのような効果があるかといいますと、活性酸素を抑制する抗酸化作用、メラニンの還元作用、新陳代謝促進作用、皮脂分泌コントロール作用、コラーゲン生成作用などがあります。


そんなビタミンC誘導体はニキビケアにも取り上げられますよね。長年使われてきたもので副作用などあまりない成分です。


また皮脂抑制作用によりニキビの原因の過剰な皮脂の分泌を抑えます。また、炎症抑制効果も期待できます。



ビタミンC誘導体は肌を乾燥させるの?
ではそのようなビタミンC誘導体を使う上で、いくつか心配がありますね。


その一つが“乾燥“です。ではビタミンC誘導体は肌を乾燥させてしまうのでしょうか?


これは私の経験上のお話しになってしまいますが、結論から言いますとわたしは乾燥しました。そしてもともとがダメージ肌。


キズの上にこのように刺激のあるものをのせてしまうと乾燥だけでなく、ヒリヒリを痛みを伴ってしまったこともありました。


お肌はカピカピ、ヒリヒリ、ピリピリ状態でしたので私個人としてはダメージ肌にはふさわしくないのではないかと思ってしまいます。


ですがそのビタミンC誘導体の効果も先ほどあげたように多々あるので使ってみないことには…と思う方もいらっしゃるでしょう。


ビタミンC誘導体のオススメの使い方としては、薄めることです。


ビタミンC誘導体の濃度にもよりますが、一般的に濃いほど刺激が強いので肌が赤くなったりかゆくなったり乾燥する可能性が高くなります。ぜひ薄めて使ってみて下さい。


濃度が低いと肌に負担をかけることがあまりなく、浸透させることができます。


塗った感覚で肌がつっぱるような感覚になったらそれはもうやや乾燥している状態ですので、それよりも薄めて使うことで乾燥を防ぎつつも効果を実感することができると思われます。


ビタミンCは直接摂取するよりも、ビタミンC誘導体を効率的に使って摂取していきたいですね。そのためにも自分にあったものを探し、使うことを意識することが大切です

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ