ビタミンC誘導体 油溶性

ビタミンC誘導体はビタミンCを肌に取り入れやすいように改良された成分のことですが、実は「水溶性ビタミンC誘導体」と「油溶性ビタミンC誘導体」があるのをご存知でしたか?


多くの化粧品はビタミンC誘導体を使用する際、水溶性、油溶性のどちらも配合しています。


肌の表面にはラメラ構造という水分と油分が網の目になったものがあり、これが肌のバリア機能を果たしています。


なので肌全体に届けるためには水溶性、油溶性成分どちらも必要になってくるのです。


その二つの中でも今回は油溶性ビタミンC誘導体に着目します。


油溶性ビタミンC誘導体とは

水溶性にはない油溶性のビタミンC誘導体の特徴としては、肌に塗るだけで真皮まで到達すること、内側からの肌の基礎体力をあげ、ターンオーバーのサイクルの正常化をはかること、新たなバリアを形成すること、刺激が少ないこと、乾燥しないことなどがあります。


よって、皮脂の分泌が少ない乾燥肌やバリア機能の落ちた敏感肌の方にはとても有効な成分です。高濃度で安全性にも優れており、持続性があります。


水溶性ビタミンC誘導体よりも皮脂膜や角質層への吸収が高いこと、オイルになじみやすい性質なのでクリームやジェルタイプの化粧品に使用されることなどがあげられます。


ゆっくりとした浸透性により、表皮ではメラニンの生成を抑制し、かつ真皮ではコラーゲンの生成、新陳代謝を促進させます。



油溶性ビタミンC誘導体の欠点
そんな油溶性の中にもさまざまな種類があります。


油溶性ビタミンCは不安定なビタミンCを安定させるために他の成分と合成しています。


また、油溶性は原液よりも美容クリーム、オイルに配合されている方が多いため、同じ種類の油溶性ビタミンC誘導体であったとしても使用感が全く異なることがあります。


合成されている他の成分としては、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルや、ジパルミチン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビルなどがあります。


ただ、パルミチン酸アスコルビルは酸化しやすくそれにより皮膚障害が起こることもあるため、あまり使われているものはないようです。


ではそのような油溶性ビタミンC誘導体の欠点はどんなものがあるでしょうか?


1つ目は水溶性ビタミンC誘導体に比べて即効性がないことがあります。持続性がある分、吸収に時間がかかるためであるとされています。


2つ目は油分との結合であるために皮脂コントロール力は弱いこと、使用感でべたつきを感じることなどがあります。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ