ビタミンC誘導体 炎症

ビタミンC誘導体って炎症が起こるの?ビタミンC誘導体に関する情報をまとめました。


ビタミンC誘導体ってどんなところで使われるの?

ビタミンC誘導体は色々な化粧品、スキンケア用品に使われています。

ビタミンC誘導体とは、いったいどのようなものなのでしょうか??


ビタミンCは安定性に欠け、酸化しやすいので肌に塗っても、肌のバリア機能からはじかれるので、肌にはほとんど吸収されません。

そのビタミンCを肌に取り入れやすく改良したものが、「ビタミンC誘導体」というものです。

これにより角質層へ浸透し、肌に吸収されたのち、酵素反応によりビタミンCへと変化することで、お肌に効果をもたらしてくれるのです。


では、どのような効果があるの??という点なのですが、「活性酸素を抑制する抗酸化作用」、「メラニンの還元作用」、「新陳代謝促進作用」、「皮脂分泌コントロール作用」、「コラーゲン生成作用」などがあります。


もちろん、ニキビの治療にも使用されることの多い成分です。

皮脂抑制作用により、ニキビの原因の過剰な皮脂の分泌を抑えますし、炎症抑制効果により、ニキビの悪化やニキビ跡を防ぐ効果があります。


特に、赤ニキビの炎症には効くとされています。

赤ニキビのやっかいなところは、
  • 繰り返しできてなかなか治らないところ
  • 赤く炎症して痛いところ
  • 新たなニキビのできたてで赤くなるところ
  • 顔や首、デコルテなどの部位にも表れるところ
  • 乾燥がひどくなるところ
などが起きるところにあります。


赤ニキビが治らない原因は、ターンオーバーの乱れがあります。
ターンオーバーとは、「肌の再生サイクル」の事で、これにより古垢や炎症を抑えて、綺麗で清潔な肌に保とうとします。

そのターンオーバーの乱れを治すことが、赤ニキビの改善につながります。


では、そのターンオーバーをどのように正常化にさせるのか??という点なのですが、

「バランスのとれた食事や規則正しい生活をキープする」事は、もちろん大切なのですが、ビタミンC誘導体を用いるのが効果的なのです。

これにより、赤ニキビの炎症を鎮め、「肌の新陳代謝を正常化させる」事ができるようになるのです。


他にも、ニキビ跡修復のコラーゲン生成の手助けをしたり、美白効果もあるので、ビタミンC誘導体の配合されている化粧品は、多岐に渡って配合されている化粧品と言えそうですね。


私の体験談なのですが、ニキビ跡の色素沈着にビタミンC誘導体の配合された化粧品を使いましたが、赤みの炎症も良くなり、肌が白くなってきた印象を持っています。


tokushu-01purple 私の使用したニキビ化粧品レビュー

nov ニキビ跡 口コミ草花木果 どくだみ しっとり 口コミで書きましたので、参考にどうぞ♪


ただ、そんな赤ニキビの炎症にも効くビタミンC誘導体ですが、いくつか留意しておくべき点があります。

1つは、保管場所に気を付けるということです。

冷蔵庫に入れておくのではなく、直射日光に当たらないところに保管する必要があります。


2つは、濃度に気を付けるということです。

あまり濃度の高いものにすると、「刺激が強くヒリヒリしたり、乾燥の原因にもなる」ので、自分に合った濃度のものを探すことが必要です。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ