ビタミンC誘導体 赤くなる

ビタミンC誘導体については、炎症だったり、化粧品、塗り薬など、様々な角度からまとめていますが、ここでは「お肌が赤くなる」事との関連性について、まとめてみました。


ビタミンC誘導体はニキビ化粧品に配合されるので良く目にしました。

ビタミンC誘導体は大変多くの化粧品などにも配合されている美容にはとてもポピュラーな成分です。

そんなビタミンC誘導体はニキビケアにも取り上げられますよね。長年使われてきたもので副作用などあまりない成分です。


しかし、人によってはビタミンC誘導体を使うと顔が赤くなるという症状もでてしまうようです。

では、なぜビタミンC誘導体の配合されたものを使用すると肌が赤くなってしまうのでしょうか?


実は、「肌のかぶれ」なのです。
もともと、ニキビ肌というのは健康な状態の肌ではない、敏感肌状態なのですが、その肌にビタミンC誘導体をつけるのは肌にとって結構刺激の強いことになります。


ビタミンC誘導体には、肌の表皮の水分を吸収する力があり、これを「酸化還元反応」といいます。

これにより、肌はとても乾燥してしまいますし、その上、もともとのビタミンCの特性の「刺激」(レモンを食べた時に酸っぱい!と感じますが、これが刺激です。)があります。

それで痛み、かゆみ、赤みなどの「かぶれ」の症状が出てくるのです。


また、ビタミンC誘導体の濃度にもよりますが一般的に濃いほど刺激が強いので肌が赤くなる可能性が高くなります。

実際、わたしもニキビがひどかったころ、色素沈着がひどかったころにビタミンC誘導体を使用しましたが、なんだかいつも塗った後に、ヒリヒリしたり痒かったりしていました。


それが「かぶれ」とはつゆ知らず、その後もしばらく使いましたが、ニキビが出来ていたころは、あまり効果は得られなかったです。

ただ、色素沈着になってからの真っ赤な肌には浸透していくのか、1年ほど使い続けるなかで自然と肌の色素沈着の赤みは引いていきました。


ビタミンC誘導体は長期の治療に向いた成分

この私の経験も通していえることは、ニキビ治療で塗り薬として使うのではなく、ニキビ跡の色素沈着などに対して、長期治療に向いた成分であるということです。

ニキビが出来ている時は、なるべく低刺激のものを肌に塗った方が、ニキビ跡もできにくくなるので、ビタミンCは口径摂取したほうがよいでしょう。


塗り薬を塗るという行為で、ニキビを悪化させてしまうこともあるので、なるべく肌に触れない、ニキビに触れない生活を送り、色素沈着に悩んだ際に、長い目で見てビタミンC誘導体を使うのが、もっとも適した使い方であると思われます。

なお、色素沈着の際にはニキビもあまりないためか、ヒリヒリなどのかぶれもあまり感じなかったので、ニキビ跡の治療には本当に適していると思われます。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ