ビタミンC 塗り薬

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_s

ビタミンCは健康だけでなく美容にも良いとされており、多くの化粧品やサプリメントで摂取できるようになっていますね。

では、ニキビ肌にもビタミンCは効くのでしょうか?


そんなビタミンCを肌に浸透しやすく加工したものがビタミンC誘導体です。

ビタミンCは酸化されやすいため、肌に塗っても肌のバリア機能でほとんど吸収されません。

その一方で、ビタミンC誘導体は角質層への浸透力があるので、肌に吸収されたのちに酵素反応によって、ビタミンCに変化します。


ビタミンC誘導体は、ビタミンCに分子をくっつけてできます。

ただ、分子をくっつけることで通常のビタミンCよりも2~8倍くらいの大きさになるというデメリットがあります。


ビタミンC誘導体が肌に浸透すると、メラニン色素の生成を抑制し色素沈着を防ぐほか、できてしまったシミやそばかすを消したり、薄くすることができると言われています。


他にも、肌のハリを保つコラーゲンを増やす働きなどもあります。

よってビタミンC誘導体には優れた美肌効果がたくさんあります。


このビタミンC誘導体はニキビにいい訳は、抗炎症効果、皮脂分泌抑制効果があるからです。

大量の皮脂分泌によって、毛穴がつまってしまいできたニキビも、このビタミンC誘導体を塗ることで、毛穴も引き締まりよくなります。


ビタミンC誘導体 どうやって使うの??

そんなビタミンC誘導体は、どのように使用することができるのでしょう。

ビタミンC誘導体はローション、つまり塗り薬として多くの化粧品の中でも取り上げられています。

市販でも売られているので手に入れやすいのもポイントです。


効果としては抗酸化作用でニキビの原因である活性酸素の抑制、肌の再生に不可欠なコラーゲンの再生、角質の分泌の抑制、メラニン色素を抑制し、色素沈着の緩和などがあります。

そんなたくさんの効果を持ったビタミンC誘導体ですが、いくつか留意しておいてほしいことがあります。


ビタミンCの効果が薄くなってしまうので、冷蔵庫にいれずに直射日光を避けたところに保管する必要があります。

また、濃度が高すぎると肌の乾燥に繋がるので自分にあったビタミンC誘導体を見つける必要があります。


また、これは実際、ニキビが出来ていた時に、私もビタミンC誘導体を使っていて感じたことなのですが、すぐに結果が出ないということです。

1年~の効き目を期待したほうが良いでしょう。


なので早急にニキビを治したい方には、不向きであると言えます。

色素沈着に悩んだときも使いましたが、結果が出てきたのは1年後や忘れたころという感じなので、根気強く続ける必要があります。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ