ビタミンc誘導体 化粧水 アルコールフリー

化粧水を選ぶポイントとしてアルコールフリーの商品を選ぶようにします。

アルコールは揮発性が高く、皮膚に必要な水分までも一緒に持っていかれ保護膜を破壊してしまう弊害があります。

ビタミンc誘導体配合の化粧水はアルコールフリーを選びましょう

何故、皮膚に良くないアルコールが入っているのかと言いますと、殺菌作用や引き締め効果など皮脂性の肌やニキビ肌に有効なので使用されています。

また殺菌作用もありますので保存料としても市場に出ているほとんどの化粧水に入っています。

アルコールといっても数種類あり、以下のように表記されています。

・エタノール(エチルアルコール)
・イソプロパノール(イソプロピルアルコール)
・変性アルコール(アルコールを化学変化させたもの)

美白効果の高いビタミンc誘導体の化粧水も同じようにアルコールの極力入っていない商品を選んでください。

ビタミンc誘導体は肌の奥まで浸透しやすいようにビタミンCを改良した物質です。

この有効成分がせっかく肌に浸透して効果を得ようとしているのに、アルコールの特徴である揮発しやすさで肌を乾燥させてしまいます。

アルコールフリーは「肌の乾燥を防ぐ保湿効果」がありますので皮膚への刺激もなく、ビタミンc誘導体成分の効果が実感しやすい安全な商品です。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ