ビタミンc誘導体 化粧水 防腐剤

美白や美肌は女性なら誰もが目指すものであり、そのために化粧水を使ってスキンケアをしていくというのは基本的なものとなっているでしょう。

その際に含まれている成分にビタミンc誘導体があり、ほとんどの化粧品に多かれ少なかれ含まれるようになってきています。

防腐剤のビタミンcと化粧水のビタミンc誘導体の違い

ビタミンcというと栄養素としても有名なものですが、食品などの防腐剤として含まれていることもよくあるものであると知っていることもあるでしょう。

より厳密に言えば防腐剤ではなく酸化防止剤として含まれているものであり、様々な加工食品や飲料などの様々なものに使用されています。

しかし、防腐剤などとして使用されているビタミンcは水溶性であって肌を浸透しないというのが特徴です。

化粧水に含まれていることもありますが、それはまさに酸化防止剤として使用されているものと言えるでしょう。

ビタミンc誘導体は脂溶性ビタミンcとも呼ばれるものであり、肌を浸透するように工夫が施されていて、身体の中に取り込まれてから「ビタミンcへと変換」されて作用するようになっています。

誘導体であるというのはそういう意味があり、両者は最終的には同じものでありながらも、別物であるということは覚えておくべきことでしょう。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ