フラーレン 化粧水

フラーレンとは、炭素のみから構成されている物質で、サッカーボールのような形をしていて、発見者はノーベル化学賞受賞者です。

どのような働きをするのかといいますと、お肌の酸化を防いでアンチエイジングに働きかけ、特徴は強い抗酸化力です。

フラーレンの化粧水は酸化を防いでくれます

ビタミンCの170倍もの抗酸化力で老化の原因ともいわれる活性酸素を害のないものに変えます。

強い抗酸化力があると、通常は刺激の強いものが考えられるのですがフラーレンは、刺激が弱いので、化粧品などの美容業界やクリニックで使用されていますし、多方面での利用を考え研究開発がすすめられている注目の成分です。

シミやしわは活性酸素が原因だといわれています。

これから強くなる紫外線からも活性酸素が発生しますので、活性酸素からお肌を守ることがお肌の老化を防ぐことに繋がります。

抗酸化作用のある成分は、アスタキサンチンやビタミンC、コエンザイムQ10などがありますがフラーレンは、持続性と安定性がほかの成分とは違います。

活性酸素を吸着して酸化を防ぐ働きがありますがその効果は、約10時間といわれていますし、この10時間の間、活性酸素を吸着し続けるのだそうです。

サッカーボールのような形がそれを可能にしているのかもしれません。

フラーレン入りの化粧品・化粧水を選ぶときのポイントは、水溶性と脂溶性の2種類のフラーレンが入っているものを選ぶことです。

なぜなら、お肌には水分と油分があり両方に活性酸素が発生するからです。

ほかにも、潤い成分や美白成分など「気になることに働きかける成分」が入っていると、より効果が高まることが期待できると思います。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ