フラーレン 原液

フラーレンはコラーゲンやプラセンタよりも高いエイジング効果を持つ成分で、ノーベル賞も受賞しています。

肌を含んだ全身の老化を招く活性酸素を除去する抗酸化作用は、ビタミンCの125倍です。

肌に自力でコラーゲンを生成するように促進する力はプラセンタの800倍とされます。

フラーレンは原液でなくても良い

細胞分裂の回数は細胞によって決まっていますが、フラーレンが肌の酸化を防げば無駄に細胞分裂することがないため、肌を修復するターンオーバーが長続きします。

一般的に化粧品に含まれる有効成分は濃度が高い方が効果も高いと言われます。

しかしフラーレンが効果を発揮するには「濃度が1%あれば十分」なので、わざわざ濃度の高い原液を買わなくて良いです。

原液は価格も高いのでアンチエイジング対策として長く使うには向いていません。

濃度が高いことよりも、他の成分も配合することで保湿などの効果を得ることも美肌の秘訣です。

フラーレンと一緒に肌に与えたいのが、同じくノーベル賞を獲得したEGFです。

EGFは肌のターンオーバーを促進するタンパク質で、肌の老化を防ぎます。

EGFを配合した化粧品は多くありませんが、シワになりやすい首にもハリを取り戻すなど効果の高さが実感しやすいです。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ