レチノール ビタミンc誘導体 美容液

レチノールには、肌表面の角質を排出させて新しい肌細胞の生成を促すピーリング効果があります。

コラーゲンの生成も強化されますので、シミや毛穴の開きなどが改善され、潤いもよみがえります。

レチノールやビタミンc誘導体は美容液で補給

美肌対策において非常に効果の高い成分ではありますが、日差しの強い日には使用することができません。

紫外線によるダメージを受けやすいので、夜寝る前のお手入れに使用するのが一般的です。

それに対し、ビタミンc誘導体はじっくりと時間をかけて肌細胞を再生させていきます。

基本的な作用はビタミンcと同様ですが、浸透率を考えて作られたのがビタミンc誘導体です。

シミやくすみ、毛穴の開き対策に利用する場合には、化粧水よりも美容液の方が優れています。

成分的に見ると変わらなくても、濃度に差があるからです。高濃度の成分によりケアを行えば、より「短期間のうちに症状を改善」させることができます。

レチノールはニキビ跡の改善にも有効な成分であり、他の成分をつけても治らなかった跡が短期間のうちに良くなるケースもあります。

その分肌への刺激が大きいので敏感な人は気を付けながら使用しなければなりませんが、正しく利用すれば抜群の効果を発揮してくれる成分です。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ