抗酸化作用 お茶

お茶に含まれるカテキンには、優れた抗酸化作用があるため、肌荒れを予防するために飲むことは理想的です。

お茶の抗酸化作用が健康を増進させる

カテキンは独特な渋みを作る成分なのですが、健康にとって有益なために、静岡県などの茶所では積極的に利用してきました。

夏の強烈な紫外線に晒されながら活動する人は、「抗酸化作用」のあるお茶を飲むことで、肌のシミの問題にも対処できるようになります。

お茶には抗酸化作用がある成分として、ビタミンCも含まれているのですが、種類によって量は違います。

発酵させてから火入れをする烏龍茶には多くありませんが、抹茶や玉露には豊富に含まれています。

玉露は低い温度で淹れることで最高の美味しさになり、同時にビタミンCが失われる可能性も低くなります。

抹茶は様々な料理で使うようにすれば、抗酸化成分の枯渇を防ぎ、日々の健康が増進しやすくなります。

紅茶や烏龍茶にはビタミンCが少なくても、カテキンは十分に含まれるため、抗酸化作用はしっかりと働いてくれます。

お茶の種類は違っても、何らかの抗酸化物質が含まれることが多いために、食生活に欠かせないものになっています。

季節を通じて利用して香りや旨味を楽しみながら、同時に抗酸化作用も発揮するのは素晴らしいことです。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ