抗酸化作用 野菜 果物

抗酸化作用を活発にさせるためには、野菜と果物を交互に食べて、ビタミンCなどの栄養を摂取する必要があります。

野菜と果物を交互に食べて抗酸化作用を引き出す

春の季節には、菜の花やカラシナを食べれば、ビタミンCを豊富に吸収できます。

初夏から秋の時期にかけては、果物が安く出回るようになるため、朝には必ず食べることがおすすめです。

野菜の種類の中でも、赤紫蘇の抗酸化作用は特に強力で、様々な料理で使われてきました。

赤紫蘇を梅酢に漬ければ、クエン酸の働きによって、アントシアニンが鮮やかな色彩に変わります。

アントシアニンも抗酸化物質として重要ですから、紫外線が強い季節には、紫蘇のジュースを飲むと効果的です。

梅干し作りの際に余った紫蘇は、乾燥させて食べることで、抗酸化作用を活発にさせる栄養が枯渇する心配がなくなります。

トマトやピーマンなどの野菜は、完熟したものを選ぶようにすれば、ビタミンCの量も多くなります。

旬の季節」に最も美味しくなるものを選べば、抗酸化物質も豊富になり、日々の健康を支える源になってくれます。

野菜ジュースを作る場合には、矯味のために果物を一緒に加えると、美味しくて栄養も豊富な飲み物に変化します。

あるいは、お菓子作りで使う場合でも、栄養を余すことなく摂取できます。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ