抗酸化陶板浴

抗酸化陶板浴とは有害物質のない環境で身体を温めることや温める空間のことです。

身体の免疫力を高める抗酸化陶板浴

最近は、新陳代謝が低下したり、生活の乱れから体温が低下しがちな方が増えています。

人の身体は体温が低下すると免疫力が落ちます。

「冷えは万病の元」という言葉通り、身体を冷やすことは体調不良の原因の一つになります。

逆に身体を温めることで本来持っている免疫力を高めることができます。このように身体を温めることができる方法の一つが抗酸化陶板浴です。

抗酸化陶板浴の空間は温度43℃前後、床温度48℃前後、湿度15%前後の温かくカラッとしています。

そしてこの空間には抗酸化作用があります。人の身体は自然に酸化します。

これは体内の活性酸素の影響です。

活性酸素は細胞が生きている限り、発生し続けるもので影響のないものもあれば、身体を酸化させるものもあります。

この活性酸素の過剰発生は体外の化学物質が取り込まれることにより促されます。

しかし、抗酸化陶板浴の空間は有害な化学物質の吸収を抑制するため、身体を温めると共に「身体の酸化を防ぐ抗酸化作用」があります。

しかし、いくら抗酸化作用があると言っても抗酸化陶板浴をするだけで健康になるわけではありません。

あくまで健康になるためのサポートの一つなので、健康や美容を気にするなら合わせて食事や運動にも気を使う必要があります。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ