白ニキビ かさぶた

白ニキビがかさぶたになってしまったけれど、これは治っているということなのかと疑問に思ったことはありませんか?


そもそも白ニキビがどのような状態になると、かさぶたができてしまうんでしょうか?


白ニキビ対策中のかさぶた

まず、白ニキビ対策のためのスキンケアをしている状態でかぶさたができてきたのなら、白ニキビが治る過程のひとつとしてかさぶたができている可能性が高いと思います。


このかさぶたを治すなら「触らずに自然にはがれるのを待つ」しかないですね。


白ニキビができてしまったお肌が正しいスキンケアによって上手に再生して本来の白ニキビのないお肌に戻るまでに、大きかった白ニキビが小さな白ニキビに変わったり、その小さくなった白ニキビも少しずつなくなったり、大きかった毛穴が小さくなってきた後にこのかさぶたができる時期がやってきます。


かさぶたを触らずにそっとしておくと剥がれていき、お肌がつっぱる感じはするかもしれませんが、新しいお肌がどんどん再生されていって、白ニキビのない美しいお肌に戻っていきます。


かさぶたは気になると思いますが、お肌に異常がなければ、新しいお肌に生まれ変わるまでの準備期間と思ってしばらく様子をみてください。


子供の頃に転んだりしてケガをしてかさぶたになって、気になってはがそうとすることを親御さんに注意された方も多いと思いますが、それと同じだと思ってください。


そして気になっていた白ニキビがほとんどかぶさたになったら「ニキビ対策のスキンケア」から「ニキビ予防のスキンケア」に切り替えてあげましょうね。


お肌の保湿や新陳代謝を促してくれる、ビタミンCやビタミンEなどの摂取もおすすめです。


白ニキビを潰した後のかさぶた

それとは別に白ニキビを潰してしまった後のかさぶたは、無理にはがすとそこから雑菌が侵入し、白ニキビが悪化して膿んでしまった黄色ニキビになってしまい、それを潰してしまうとそれがまた かさぶたになってしまったりと、こうなるとニキビが治らないだけではなく、ニキビ跡までお肌に残ってしまいます。


潰すことは絶対にやめてくださいね。上手に潰すことは、ほぼ無理だといっていいです。


毛穴は目に見えないくらい小さいものですが、そこを指や専用の器具で無理矢理押し広げて角栓を押し出すというのが『白ニキビを潰す』ということになりますが、これは毛穴を痛めるだけでなく、潰した後のお肌を常に清潔にしていることができなければ雑菌が毛穴の中に入ってしまう可能性があるからです。


正しいスキンケアで毛穴の中の汚れや古い角質を取り除くことで、自然に皮脂が出てくるのを待つのが正しい対処方法だと思います。


白ニキビを無理に潰すと毛穴が傷つき、かさぶたができます。このかさぶたが結果的に毛穴を塞いでしまうので、皮脂が表面に出てこられなくなってしまい、白ニキビが治らなくなってしまいます。


しかし、どうしても気になる場合や悪化して黄色ニキビになってしまったりと炎症がひどい場合は、病院できちんと治療を受けることです。


白ニキビのかさぶたが自然にはがれてきて、ニキビは治ったと思っていても実はそこにニキビ跡が残ってしまうことも結構多かったりします。


ですからニキビ跡用の化粧品等を一緒に活用することもおすすめです。


気になる気持ちは分かりますが、「とにかく『かさぶた』はそっとしておくことが一番」だということが分かっていただけたでしょうか?


美肌のためにもここはぐっと我慢して下さいね!

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ