白ニキビ コメド

コメドという言葉を耳にしたことはありますか?


ニキビに悩まされているかたならご存知かもしれません。


白ニキビのコメドとは?

このコメドは「角栓」のことで、皮脂と古くなった角質が混ざり合ってできています。


皮脂の占める割合は約30%、残りの70%はタンパク質でできています。


このコメド、実は種類があるんですよね。


白コメド
白コメド」とは閉鎖コメドとも言われています。


角栓が毛穴を完全にふさいでしまって、お肌の中に黄白色の脂の塊ができてしまった状態です。


これが一般的に白ニキビと言われれていて白色で盛り上がっているように見えます。


爪などでつぶしてしまうとと悪化する原因になってしまうので、注意が必要となります。



黒コメド
黒コメド」は開放コメドとも言われ、皮脂の分泌の多いTゾーンと言われる鼻やその周辺に多くみられます。


毛穴につまってしまった皮脂の先端が外気に触れ、酸化して黒くなっているものです。


こちらが黒ニキビと言われていてその黒い角栓が、まるでイチゴのタネのように見えることから、いちご鼻などと呼ばれることもあります。


小鼻の黒いポツポツが気になったことはありませんか?


目立つので潰したくなると思いますが、こちらも悪化する可能性があるのでおすすめしません。



微細コメド
微細コメド」は、皮膚の内部で発生しているとても小さな角栓のことです。


直径1ミリ以下の角栓が内部で発生しているため、表面から肉眼で見ることはできないと思います。


しかし進行していくとだんだん大きくなっていってしまって毛穴をつまらせ、やがてニキビとなってしまうのです。



コメドがニキビの原因に

ニキビの原因は「コメドが毛穴を塞いでしまうから」です。


コメドは顔の角質や皮脂や汚れが毛穴の中で固まってしまって、びっしりと詰まってしまった状態です。


コメドが毛穴をつまらせることで皮脂が毛穴から出ることができないのでどんどん毛穴の中にたまっていってしまいます。


そしてその結果、ニキビができてしまうのです。


白ニキビの中央は白く盛り上がっていませんか?


毛穴から分泌されるはずの皮脂が、白っぽい塊となって見えているからなんですよね。


さらにそのニキビ内にアクネ菌が繁殖するとニキビが炎症を起こして悪化してしまい、白ニキビから黒ニキビ、やがて炎症もともなう赤ニキビ、更に膿をもった黄色ニキビや血まで混ざった紫ニキビになります。



しかしコメドは100%悪いわけではなく、外部からの細菌の毛穴の侵入を防ぐ役割もあります。


ですから潰すのではなく、「落とすケア」によってコメドを徐々になくしましょう。


コメドは毛穴を塞いでいるので、保湿ケアだけでは化粧水や乳液は毛穴の中まで浸透しません。


まずクレンジング、洗顔によってしっかり毛穴の中を綺麗にしましょう。


そして綺麗になった毛穴に化粧水や乳液で水分補給や保湿をしてあげることで、白ニキビのできにくいお肌や、できてしまった白ニキビも治りやすくなります。


また、「炭水化物や糖質」、「脂質の取りすぎ」や「ビタミン類の栄養不足」も皮脂の過剰分泌の原因になり、コメドの生成の原因にもなるので見直してみましょう。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ