白ニキビ サリチル酸

一般的なニキビのケアに有効なものとして保湿やピーリングがよく取り上げられていますよね。


白ニキビのケアで保湿が大事だというお話は、以前にもしましたが、サリチル酸はご存知ですか?


CMでもおなじみのプロアクティブやDHCから出ているアクネコントロールシリーズ、安価なものだとクレアラシルにもサリチル酸は含まれています。

他にもたくさんありましたが有名なところで言えば、そんな感じでした。


私も色々調べてみたのですが、サリチル酸には殺菌防腐や角質融解の作用があってニキビの発生や悪化を防ぐことで知られてます。


現在では以前と比べると少なくなってきているようですが、食品などの防腐剤としても使われているそうです。


また、サリチル酸はその配合量でお肌への作用も変わる性質もあるらしいです。


ニキビケアの観点からいくと、古くなった角質や毛穴に詰まってしまった角栓を溶かして(ピーリング効果)、お肌を柔軟にすることによって化粧水の浸透を高めたり、殺菌作用でニキビの原因菌のアクネ菌の繁殖を抑えてくれるということでスキンケア商品にも多く使われているのだと思います。

サリチル酸の刺激について
でも、詳しく調べてみると、サリチル酸は誰でも使えるわけではなさそうです。


というのもこのサリチル酸、『酸』とつくだけあって結構刺激が強く、しかもその後とても乾燥しやすいみたいなのです。



角質を溶かしてしまうほどの効力があるので刺激が強いのは納得できます。


ですから、元々敏感肌の方や乾燥肌の方、ホルモンバランスの崩れている月経前後や、妊娠中の女性にはおすすめできません。


私も中学生の頃(かなり前のことになりますが)にクレアラシルを使っていた経験がありますが、つっぱり感はいつも感じていたことを思い出しましたし、体調によってはお肌がピリピリすることもありました。


白ニキビに関しては言えば炎症も起こしておらず、ただ毛穴の中に角栓(コメド)が詰まってしまって角質や脂質がたまりつつある状態なので一見とても有効なもののように思えます。


しかしそれだけの刺激を与えるということと、乾燥するというお肌の負担を考えると私はあまりおすすめはできません。


角質を溶かすということはそれだけお肌自体も薄くなってしまうため、「お肌自体が弱くなってしまい、かえってニキビができやすくなってしまう可能性もあり」ます。


しかし、必ずしもサリチル酸がすべて悪いわけではありません。


スキンケアに関しては本当に人それぞれ向き不向きがあるのでご自身に合うものを上手に活用して、白ニキビのできにくいお肌を目指しましょう!

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ