白ニキビ 保湿しすぎ

白ニキビのケアには保湿が大切です。


ニキビケアで調べていただいても保湿というキーワードは出てきます。


では『保湿しすぎ』るとどうなるのでしょうか?

保湿しすぎは白ニキビの原因に

スキンケアは「方法」、「」、「」を守ることが大事です。


今回の『保湿しすぎ』というのは最後の量が間違っているということになりますね。


スキンケアも同じで保湿もしすぎることは、あまりおすすめできません。


保湿しすぎというと大きく2つに分けて「水分補給のしすぎ(化粧水)」と、それをとどめる乳液のつけすぎによる「保湿成分の与えすぎ」が挙げられます。


化粧水で水分補給をするのは大事です。


しかし、あまりに化粧水をつけすぎると、角質層というところがふやけてしまってお肌のバリア機能が低下し、結果刺激を受けやすくなり乾燥しやすくなってしまうのです。


そうすると「白ニキビ」ができやすくなります。

保湿成分(乳液)の与えすぎ
乳液は入れてあげた化粧水を留めるフタの役割をするというものですよね。


しかしながら、乳液には油分が含まれているものが多いで、つけすぎるとその油分のせいで毛穴がつまりやすくなってしまうのです。


その結果、「白ニキビの原因」になってしまうのです。オイリー肌の人は特にです。


そして最後に考えられるのが保湿成分の与えすぎがありますが、こちらもやはり与えすぎてもあまり意味がありません。


スキンケアで「正しい方法、正しい順番、正しい量が大切」ということは分かっていただけましたか?


お肌は本来自分で美しくなるという力を持っています。


スキンケアはそれを助けてあげるというものになるので、保湿は大切ですが保湿しすぎは結局お肌にとって良くないのです。


何を行うにしても、いき過ぎてしまうとそれがどんなにいいことであっても結果は不満足な状態と変わりません。


この保湿も過度にし過ぎるとこともダメですが、不足してもダメなのです。


白ニキビを作らせないためにも、肌本来の持っている力を助けてあげるような「正しい方法、順番、量を考えたスキンケア」を心がけましょう。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ