白ニキビ 化膿

白ニキビがニキビの中でも初期の段階のものでアクネ菌になどよる炎症も起こしていないというお話は何度もしていますが、ではどうして化膿してしまうのでしょうか?


前にもお話したのですが、ニキビには段階があって、白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄色ニキビ→紫ニキビになっていきます。


毛穴の中に詰まってしまった角栓(コメド)が酸化してしまって黒ニキビになり、また白ニキビや黒ニキビが炎症を起こしてしまうと、赤ニキビに進行します。


更に赤ニキビが膿をもつことによって黄色ニキビになってしまいます。


赤ニキビからはニキビ跡が残る心配も出てくるのでできれば早い段階で治したいですよね。

白ニキビ潰していませんか?


白ニキビができてしまってつい潰したくなるきもちは分かりますが…素手で潰してはいませんか?

素手で潰すと、潰すと同時に手についている雑菌が毛穴の中に侵入し、結果化膿してしまう原因の一つとなると思います。


また前にも話したように潰してしまう際に『強い力』がかかってしまうと、毛穴を潰してしまうと同時にお肌に大きな負担をかけてしまいます。

また、洗顔時にゴシゴシこすってしまうことによってそれが刺激になってしまって白ニキビを悪化させてしまうこともあります。


私自身早くニキビを治したいがために1日に何度もゴシゴシ洗顔して余計にニキビが悪化してしまったことがあります…

白ニキビは「初期段階のニキビなので化膿させる前に治すことが可能」です。

とはいえできてしまったら嫌だな、早く治したいと思うのは当然のこと。


白ニキビができてしまう原因は生活習慣の乱れやストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れが原因していることはもう何度もお話しています。


化膿してしまったらニキビ跡も残りやすくなってしまいますので、白ニキビができてしまってもどうか慌てず、初期段階のニキビだから大丈夫、という寛大な気持ちでストレスをためないようにしてくださいね。


化膿してしまうとご自身での処置が難しくなってきます。

 
なるべく化膿させる前にケアができるよう心がけましょう!

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ