白ニキビ 周りが赤い

ぽつんと白く盛り上がったように見えるのが一般的な白ニキビです。


では『周りが赤い』という状態がどういったものなのでしょうか?



周りが赤いニキビ

白ニキビが悪化すると、まずは黒ニキビになります。


周りが赤く見えるのはこれがさらに悪化した「赤ニキビである可能性」が考えられます。


もしも、周りが赤くなっているようであれば、絶対に潰してはいけません。


赤ニキビは炎症をもったニキビになり、潰してしまうことによってさらに悪化してしまったり、何よりニキビ跡の原因となってしまいます。


白ニキビではなく、赤ニキビだった場合は白ニキビ用のケアだけで治すことは難しくなります。



周りが赤い、赤ニキビになってしまったら
ニキビの患部にアクネ菌やその他の雑菌が繁殖してしまうことによってお肌の皮膚の細胞はその入ってきた細菌がこれ以上繁殖をしないように攻撃します。


このお肌の細胞と細菌が戦っている状態がこの炎症の原因になり、痛みをともなうことが多いです。


これが赤ニキビで、患部も腫れてくるため空気にさらされている状態となり清潔に保つことが難しくなってしまいます。


自然回復を待っていても間に合わないので、まずは「炎症を抑える成分を配合した化粧水や美容液、薬などでの早めのケア」を心掛けなければなりません。


そもそもこうなってしまったら清潔に保つことが難しいので潰してはダメです。


赤ニキビはお肌の皮膚組織が炎症を起こして、半分壊れかかっている状態なのです。


ですからニキビを潰してしまうと、その損傷がきちんと修復されないことでニキビ跡になってしまう可能性が高くなってしまうのです。



もしも周りが赤いのであれば白ニキビではなく、赤ニキビの可能性が高いので抗炎症作用のある薬や化粧水などを使用して炎症を少しでも早く抑える必要が出てきます。


炎症が治まる前に刺激を与えてしまうと内部が膿んでしまい、黄色ニキビへと進行してしまいます。


ですから洗顔料も刺激の少ないものを使いましょう。


【PR情報】 固くなった白ニキビ キレイにしっかりケア♪

60日返金保証付き!メディアでも大注目のチュルン





赤ニキビにはビタミンC
肌の回復を早めるにためにはターンオーバーを促進するビタミンCが必要となります。


なるべく濃度が高いビタミンCの入った化粧水や美容液、薬をニキビの患部につけてあげましょう。


ビタミンCはサプリメント等で内服することもできますが、身体の別の部分で消化されてしまうので即効性を求める赤ニキビ対策としてはあまり効果的ではありません。


化粧水や美容液、薬などでお肌に直接塗って補給する」ほうが効果は早く感じられると思います。


ただ、長期的なケアの意味では内服することも効果はあります。


白ニキビが進行して赤ニキビの段階になってしまったら、とにかく「炎症を抑えてこれ以上の進行を阻止してあげるケア」が最優先です。


そのために「抗炎症作用のある成分や高濃度のビタミンCを補給する」ことがもっとも効果的になってくる思います。


ニキビが発生する原因は本当に様々ですが、すでに炎症を起こしてしまったニキビに対するケアは基本的に同じです。


まずは今の症状が悪化しないことを第一に考えて、「ビタミンCがたっぷり入っている化粧水や美容液や薬を使ってしっかりケア」してあげましょう。


今回は周りが赤いということで赤ニキビのお話がメインになってしまいましたが、白ニキビの段階で対処できるように生活習慣の間違ったスキンケアをしていないかなど、しっかり見直して早めの対処を心掛けましょう。


【PR情報】 脅威の365日返金保証付き! 1週間トライアルセット

ニキビケアに、ビーグレンを試してみませんか??



▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ