白ニキビ 大量 アゴ

白ニキビは毛穴の中に汚れ角栓(コメド)が 詰まってしまって 、そのために角質や皮脂がたまりつつある炎症も持っていないニキビの初期段階。


しかし悪化していくと、炎症を持った赤ニキビ、膿まで持った黄色ニキビ、最悪まで悪化すると血と膿が混ざり合ったり紫ニキビにまでなり、そうなるとニキビ跡が残りますしご自身だけでの治療は難しくなってきます。


ところで、白ニキビはできる場所もさまざまです。

アゴに白ニキビが大量に出来る原因は?
アゴにできる白ニキビは大人になってからのほうが多いと言われています。


また、アゴの皮膚が硬いほどできやすいともされています。


アゴのあたりはTゾーンに比べると皮脂の分泌は少ないので、思春期に皮脂の分泌の多いTゾーンにできてしまう白ニキビというより、大人になってからできることが多いと思います。


では、どうしてアゴに白ニキビができてしまうのでしょうか?


前にも白ニキビの原因についてはお話したので重複してしまいますが、アゴにできてしまう白ニキビは大きく分けると乾燥、食生活、ホルモンバランスの乱れによってできてしまうものなのです。


まず乾燥についてですが、普段の洗顔を面倒くさがって怠ったり、十分にクレンジング、洗顔ができておらず肌に角質や汚れが残り、肌自体が固くなってしまったり、また十分に保湿ができていなくてもお肌は乾燥してしまいます。


乾燥したお肌は皮脂が過剰分泌されてしまい、結果白ニキビができやすくなってしまいます。


こちらに関しては男性が多いと思います。


最近はしっかりスキンケアをされる男性も増えてきていますが、女性と比べるとやはり十分なスキンケアをされている男性は少ないと思います。


また、男性はヒゲを剃ることで刺激となり、お肌に負担をかけてしまうことも原因として考えられます。


ですので乾燥が原因ならば正しいクレンジング、洗顔、保湿をしっかりしてあげることで白ニキビのケアができます。


白ニキビと食生活の関係性
食生活ですが、こちらは前にもお話したように炭水化物、糖質、脂質を過剰にとりすぎることや栄養不足によって起こります。


白ニキビにはビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維が有効なのでしっかり取り入れていただきたいですね。


また、食べ物だけで補えないものに関してはサプリメントも有効です。



栄養不足になると血液の流れが悪くなり、新陳代謝が正常に行われなくなるため、お肌は角質化して固くなってしまいます。角質化してしまったお肌は毛穴が塞がれてしまいますので、結果的に白ニキビとなってしまいます。


そしてホルモンバランスの乱れについてですが、こちらはどちらかというと男性よりも女性に多いと思います。



実はアゴにできてしまう白ニキビは女性に一番多いとされています。


アゴに出来てしまう白ニキビとホルモンバランスについて
月経前や妊娠初期は黄体ホルモンが増加します。

このホルモンはプロゲステロンと呼ばれています。

この黄体ホルモンが増えると皮脂がとても増加します。


そのためにアゴに白ニキビができやすくなってしまうのです。


妊娠初期に私もアゴに大量の白ニキビができてしまって、ショックを受けたことがありました。


今でも月経前にアゴに白ニキビができてしまうことがあるので継続的にケアをしています。


また、「黄体ホルモンによって自律神経や新陳代謝も乱れてしまい、これもアゴの白ニキビの原因」となってしまうわけです。


また、日常でのストレスや睡眠不足もホルモンバランスの乱れに繋がります。


厄介なことにアゴにできてしまう白ニキビは他の部分と比べて治りにくく、悪化するケースがあるのでご自身だけでのケアだけでは治すことが困難な場合もあります。


何より『大量』に白ニキビがアゴにできてしまったということは、すでにお肌がニキビができやすい状態であるというSOSを出しているということになるので、「ニキビのできにくいお肌に戻してあげるということが一番大切」」になります。


きちんとケアをしていてもなかなか治らないようであれば病院でしっかり治療を受けることが有効だと私は思います。


アゴにできてしまった白ニキビは隠すことができません。


お仕事をされている方であればすっぴんでいるわけにもいかず、マスクで隠せない職種の方もいらっしゃると思います。かといって油分の多いファンデーションで隠そうと厚塗りするとその油分が原因で余計に白ニキビが増えたり悪化してしまいますよね。


そうなる前に今一度、ご自身を取り巻く環境や食生活、ライフスタイルを見直して、アゴに白ニキビが大量に発生する前に、ニキビのできにくいお肌になるようケアをしていきましょう!

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ