白ニキビ 抗生物質

ニキビで病院や皮膚科で処方される薬には、抗生物質が含まれています。

誰もが耳にしたことや、服用したこともあるかもしれない、その『抗生物質』のお話をします。


白ニキビに効く抗生物質

この抗生物質には、ペニシリン系やセフェム系やマクロライド系やテトラサイクリン系ニューキノロン系など何種類かに分けられます。


種類によって、攻撃するのが得意な菌、ほとんどノータッチの菌などが決まってくるのです。


抗生物質の中にアクネ菌専用の抗生物質というものはないので、お医者さんがアクネ菌に効きやすそうな抗生物質を選んで処方しているのです。


・ミノマイシンテトラサイクリン系の抗生物質

感染の原因となる病原菌が育つことを抑えることによって炎症などの症状を改善したり予防もしてくれます。

ニキビ以外には、口内炎などに処方されるそうです。

薬の効果が弱まることを防ぐ前後2時間牛乳などのカルシウムを含むものや、アーモンドなどのマグネシウム含むものを摂取するのは控えてくださいね。



・ルリッド錠150マクロライド系の抗生物質

感染の原因となる病原菌が育つことを抑えることによって咳や息切れ、たんなどの気管支炎の症状を抑えます。

ニキビの炎症以外には、風邪や中耳炎などに処方されるそうです。



・バナンセフェム系の抗生物質

感染の原因となる病原菌が育つことを抑えることによって炎症などの症状を改善したり予防します。

ニキビ以外にはインフルエンザなどの感染症に使用されるそうです。



・クラビット錠ニューキノロン系の抗生物質

感染の原因となる病原菌が育つことを抑えることによって炎症などの症状を改善したり予防します。

妊婦さんや妊娠している可能性のある方は、お医者さんに相談しましょう。



残念ながらこの抗生物質は誰にでも効くわけではありません。


まず、アクネ菌専用の抗生物質はないので服用した抗生物質は、いったん体内の胃や腸で吸収されてから血液とともに体中に運ばれて作用するのですが、これが皮膚のアクネ菌に必ずしもうまく作用するとは限らないのです。


また、活性酸素はアクネ菌だけが発生源ではありません。


白ニキビを始め、ニキビの原因としては「活性酸素の影響」もあると思います。


アクネ菌は増殖する際に、大量の活性酸素を発生させるので、白ニキビから炎症をともなった赤ニキビにつながることがあります。


この活性酸素は「紫外線」や「ストレス」や「タバコ」などでも発生してしまいます。


そのような環境にいるのであれば、活性酸素を発生させるかもしれないアクネ菌よりもニキビをひきおこす活性酸素を除去するケアを優先的する必要があると思います。


また抗生物質が白ニキビにうまく作用したとしても、根本的にニキビのできやすくなってしまっているお肌に関してはそこまでは抗生物質は作用してくれません。


肌のダメージを最小限に抑えて白ニキビを悪化させないために炎症をおこさせないことはとても大事だとは思いますが、ニキビのできやすいお肌をそのまま放っておくといつまでたっても白ニキビは治りません。


抗生物質の一時的な効果はとても魅力的ですが、白ニキビを治すという根本的なケアを怠ってしまっては意味がなくなってしまうと思います。


抗生物質は白ニキビに効く魔法の薬ではないので、できてしまった白ニキビを治す過程で必要なこともあるケアの一つとして考えましょう。


白ニキビのできてしまう勢いが早い場合に、その短期間だけ抗生物質を飲むことでその勢いを止めてあげることはできます。


しかし、長い間飲み続けると「一般の薬では効かない耐性菌ができてしまったり、効き目が強い分副作用も出てくる」場合もあります。


絶対に用量、用法は守ってください。そして副作用が出たら使用は中止しましょう。


抗生物質が効いているうちに、なるべく早くご自身にあったお肌にも身体にも優しいケアを見つけましょう。


また、白ニキビのできやすいお肌になってしまっている場合、根本からご自身のケアを見直す必要があります。


正しいスキンケア」(これが一番大事だと思います)、「正しい食生活」、「ストレスをため過ぎない」、「きちんとした睡眠」等色々あると思います。


抗生物質での治療を否定しているわけではありませんが、何より白ニキビは正しいスキンケアできれいに治すことができるニキビなので、ぜひ頑張っていただき、美肌を目指しましょう!


tokushu-01purple 一緒に読まれています。

▼ 【1,000円から試せるニキビケア5点セット】 ▼

サブコンテンツ

このページの先頭へ